電子出願ソフトサポートサイト
パソコンか>ら特許庁へのオンライン手続が可能となる電子出願ソフトに関する情報を提供します。

  1. HOME
  2. 申請書類の作成
  3. Wordでの書類作成

Wordでの書類作成

Wordでの書類作成(HTML形式)について

Microsoft Word を使用して申請書類を作成する場合、以下の注意事項を参照してください。

Wordは、Windows用とMac用で、メニューや画面が異なる場合があります。
本ページでは、Windows用を例に、操作を説明しています。

※Mac用Wordについて
最近のバージョンは、「日本語(シフト JIS)」で保存できないためご利用いただけません。利用可能かどうかは「Word for Mac の主な操作方法」の「エンコードの設定」より、ご確認ください。
利用可能な場合は、「ワープロソフト毎の注意事項」をご覧ください。

Wordのバージョン毎に操作が異なる場合は、各記事の中にバージョン毎の操作方法を説明しています。

<注意>
「記号と特殊文字」や、以下に類する機能は使用しないでください。

  • 記号と特殊文字
  • MS明朝と違う字形で表示されるフォント(例:Symbol)


インターネット出願ソフトで変換した後の送信ファイルでは、以下のように別の文字に見える場合があります。


<参考>
Word を使った書類作成[PDF]

■必ずお読みください

  1. 図面、表、写真などのイメージ挿入
  2. PDF、配列表のハイパーリンク
  3. HTML形式の保存

■場合によっては必要です

  1. 改行されない、又は、不要な改行が入る場合
  2. Wordで削除したはずの文字が、送信ファイルに残っている場合
  3. 字下げや箇条書きが反映されない場合
  4. HTMLタグや文字に関するエラーが出る場合
  5. Wordで表示されない文字が、送信ファイルに表示される場合
  6. 挿入したイメージ形式が変わる、又は、イメージが違う場所に挿入される
  7. 編集できない場合

    Gの例)
    • 「対応するタグ開始記号がありません。修正してください。V1AHB04503P-E
    • 「書類中に1つも項目名が記載されていません。書類の最初の文字が【書類名】になるようにしてください。V1AHB06020P-E」
    • 「シフトJISコードでない文字が×××以上あります。ファイルの内容を確認して下さい。V1AHB04505P-E」
    • 「[??]は通常の文字とみなされます。スペシャルキャラクターの場合は、サポート対象外ですので対応する文字に置き換えてください。V1AHB04605P-W」が大量にでる


  • Wordの各バージョンのサポート状況は、Microsoft社のホームページでご確認ください。 サポートが終了しているWordは、Microsoft社から更新プログラムが提供されません。 セキュリティの観点から、早めに新しいWordに移行してください。

※ 本サイトに記載されている製品名、会社名は、各社の商標または登録商標です。