電子出願ソフトサポートサイト
パソコンか>ら特許庁へのオンライン手続が可能となる電子出願ソフトに関する情報を提供します。

  1. HOME
  2. 申請書類の作成
  3. さくっと書類作成
  4. 操作手順

操作手順

「さくっと書類作成」で、書類を作成する操作手順についてご説明します。

(A)書類提出までの流れ
  1. 「さくっと書類作成」の起動
  2. はじめて使う時(初期化した後)のみ
  3. 書類の作成
  4. データ出力(保存)
  5. インターネット出願ソフトを起動
  6. インターネット出願ソフトへの取り込み
  7. 特許庁へオンライン出願
(B)その他

(A)書類提出までの流れ

1. 「さくっと書類作成」の起動

以下の〔さくっと書類作成を開く〕ボタンをクリックします。

2. はじめて使う時(初期化した後)のみ

はじめて使う時や初期化した後は、「パスワードの設定」がでます。
パスワードを設定することによって、さくっと書類作成を起動するたびにパスワードを求められますので、第三者からの閲覧を防止することができます。

パスワードを設定した場合、「さくっと書類作成」を起動時にパスワード認証します。
設定したパスワードを忘れると、使用できなくなりますので、ご注意ください。
パスワードは再発行できません。特許庁やサポートセンターにお問い合わせ頂いても対応致しかねます。

桁数/文字種について
パスワード 8~20文字
半角英字(大文字小文字の区別あり)、半角数字の両方を含めてください。
秘密の答え 20文字以内
以下を区別します。
・文字種(漢字・平仮名・片仮名など)
・英大文字/小文字
・全角/半角
・空白の有無

後から変更する場合は、HOME画面右上の設定ボタンから設定してください。

3. 書類の作成
  1. HOME画面が開きます。


  2. 「四法」と「作成書類」を選択して、〔新規作成〕ボタンをクリックします。


  3. 項目内容を編集します。

    ◆注意
    「プレビュー」、「チェック」、「ヘルプ」画面は、別ウインドウで開きます。
    ブラウザが最大表示の場合、別ウインドウで開く画面が裏に隠れてしまう場合があります。 画面を縮小して、他の画面が見えるよう調整してください。


  4. 〔次へ〕をクリックし、次の項目を編集します。


  5. 編集内容を保存します。
    ◆注意
    この保存は、ブラウザへの保存です。
    ブラウザの履歴やキャッシュが削除されると、作成データは失われます。
    HOMEに戻ったら、必ず、「4.データ出力(保存)」してください。

    ●確認画面の場合
    1)〔編集終了〕をクリックし、名前をつけて保存します。

    ●確認画面以外の場合
    1)〔保存〕をクリックし、名前を付けて保存します。
    2)〔終了〕をクリックし、書類編集を終了します。


4. データ出力(保存)
  1. 作成した書類横の「操作」より、データ出力をクリックします。

    • 書類が未完成の場合も、ブラウザを閉じる前にデータ出力してください。
      ブラウザの「Cookieおよびその他のサイトデータ」または「Cookieと他のサイトデータ」が削除されると、作成データは失われます。
    • 出力されたZIPファイルは解凍(展開)しないでください。
      ZIPの内容を変更すると、〔とりこむ〕ができなくなります。
    • ZIPファイル名は変更しないでください。
      ファイル名例
      さくっと書類作成_○○○_XXXXXXXXXXXXXXXXX_完成.zip
      さくっと書類作成_○○○_XXXXXXXXXXXXXXXXX_作成中.zip

      ○○○=書類名+“_”+整理番号+保存時に付けた名前
      XXXXXXXXXXXXXXXXX=データ出力した年月日時分秒ミリ秒

  2. データ出力先は、通常「ダウンロード」フォルダか、ブラウザの「保存先」で指定した場所です。
    ※データ出力先は、「6.インターネット出願ソフトへの取り込み」で必要です。
     必ず確認してください。


    <参考>
    ブラウザ画面の最下部に、保存したファイル名が表示されます。
    以下の方法で、データ出力先を開くことができます。
     Microsoft Edge Google Chrome
    1.ファイル名横のをクリック
    2.〔フォルダーに表示〕をクリック
    1.ファイル名横のをクリック
    2.〔フォルダを開く〕をクリック
5. インターネット出願ソフトを起動
  1. デスクトップのインターネット出願ソフトのアイコンをダブルクリックします。

6. インターネット出願ソフトへの取り込み

特許願、実用新案登録願以外の書類は、A手順に進みます。
特許願、実用新案登録願は、B手順に進みます。

A手順

  1. 送信ファイルフォルダをクリックし、〔文書入力〕ボタンをクリックします。


  2. 「入力文書の指定(文書入力)」画面で、「4.データ出力(保存)」でデータ出力したZIPファイルを選択します。
    ZIPファイル名の最後が「完成」になっているファイルのみ選択可能です。

    →共通手順へ進みます。

B手順

  • 操作の前に、明細書、請求の範囲、要約書、図面(以降、「明細書等」とします)を作成し、HTML形式で保存してください。
    詳細は、「ひな型(特許願・実用新案登録願用)」を参照してください。
    明細書等のHTMLファイルと「4.データ出力(保存)」でデータ出力した願書のZIPファイルは、同じフォルダに保存してください。
  1. 送信ファイルフォルダをクリックし、〔合成入力〕ボタンをクリックします。


  2. 「入力文書の指定(合成入力)」画面で、必要な書類をすべて追加します。
    「合成文書一覧」に表示された順に合成されますので、以下の順に選択します。
    すべての書類を追加したら、〔指定完了〕ボタンをクリックします。

    a. 「4.データ出力(保存)」でデータ出力した願書のZIPファイルを選択し、
    〔追加→〕をクリックします。
     ZIPファイル名の最後が「完成」になっているファイルのみ選択可能です。

    b. 明細書等のHTMLファイルを選択し、〔追加→〕をクリックします。

    →共通手順へ進みます。

共通手順

  1. 書式チェックが開始されます。
    警告やエラーの場合は〔入力チェック結果表示〕をクリックし、内容を確認します。
    「さくっと書類作成」に戻って書類の訂正を行い、操作を繰り返します。


  2. 送信ファイルフォルダに書類が作成されたら、〔印刷〕をクリックします。
    印刷内容が提出可能な状態か確認します。
    特に、イメージの大きさや見栄えなどが適切かご確認ください。

7. 特許庁へオンライン出願
  1. 送信ファイルフォルダの書類を選択して、〔オンライン出願〕をクリックします。



(B)その他

設定
  1. 画面右上の設定ボタンをクリックします。
    書類編集途中に変更する場合は、書類を保存してから設定を開いてください。

  2. 設定項目
    整理番号 書類に【整理番号】を記載する場合は、「使用する」に設定してください。
    初期設定は「使用しない」です。
    「使用する」にした場合、番号は自動採番されます。
    アドレス帳 書類中に記載する出願人等の【氏名又は名称】や【住所又は居所】をアドレス帳として保存する場合は、「使用する」にして情報を追加/更新してください。
    「使用する」に設定した場合、書類の編集画面に〔アドレス帳からコピー〕が表示されます。
    初期設定は「使用しない」です。
    パスワード パスワードを 使用する/使用しない を変更します。 設定済みのパスワードの変更も、この画面で行います。
    バックアップと復元 ・バックアップ
    「書類一覧」に表示されているデータおよび設定情報をバックアップします。

    ・復元
    バックアップ済みの情報に復元します。
    復元すると、現在「書類一覧」に表示されているデータやアドレス帳・パスワードを含む設定情報はすべて削除され、バックアップした時のデータに置き換わります。
    現在の「書類一覧」に表示されているデータを削除したくない場合は「データ出力」し、復元後に「書類をとりこむ」を行ってください。
    ログ情報 エラーが発生した場合の確認などに使用します。
    「書類一覧」に現在表示されているデータの合計サイズが確認できます。
    初期化「さくっと書類作成」を初期化します。
    現在「書類一覧」に表示されているデータおよび設定情報は削除されます。
「データ出力」済の書類をとりこむ
  1. 〔新規作成〕ボタンの下の、〔とりこむ〕ボタンをクリックします。
  2. 開く画面で、ファイルを選択して〔開く〕をクリックします。

    • 「さくっと書類作成」でデータ出力したファイル名例
      さくっと書類作成_○○○_XXXXXXXXXXXXXXXXX_完成.zip
      さくっと書類作成_○○○_XXXXXXXXXXXXXXXXX_作成中.zip

      ○○○=書類名+“_”+整理番号+保存時に付けた名前
      XXXXXXXXXXXXXXXXX=データ出力した年月日時分秒ミリ秒

    • 完成のデータをとりこんだ場合、書類の状態は「作成中」になります。