1. HOME
  2. お知らせ
  3. 仕様変更

Information

仕様変更

Ver[i4.40]の変更内容
2021.12.23 ダウンロード開始  2021.12.26 リリース

  1. 台湾智慧財産局との優先権書類データの電子的交換(二庁間PDX)に、意匠が対応しました。
    これにより、特許願、実用新案登録願、意匠登録願、意匠登録願(複数)の【パリ条約による優先権等の主張】の記載条件を変更しました。
    制度の詳細は「優先権書類の提出省略について(優先権書類の特許庁間における電子的交換について)」の「台湾智慧財産局との間での優先権書類の電子的交換の手続」をご覧ください。
    施行日は2022年1月1日です。施行日前(2021年12月31日まで)は送信ファイルが作成できないため、オンライン手続ができません。
    記載例
    • 【パリ条約による優先権等の主張】
      • 【国・地域名】 台湾
        【出願日】 2022年1月12日
        【出願番号】 093119914
        【出願の区分】 意匠登録   ※1
        【アクセスコード】 A123   ※2
        【優先権証明書提供国(機関)】 台湾

        ※1:「特許」「実用新案登録」「意匠登録」のいずれか
        ※2:アクセスコードが通知されている場合は、必ず記載してください
           英大文字・小文字を区別して記載してください
    ◆対象書類  ※形式、書類分類コードの凡例は、本記事の末尾に記載
    No. 書類名(正式名) 特許 実用 意匠 商標 国際出願 書類分類コード 説明
    1 特許願         A163  
    2 実用新案登録願         A263  
    3 意匠登録願         A363  
    4 意匠登録願(複数)         A3630  
    5 手続補正書(方式)     A?51 No.1~3の補正
    6 手続補正書     A?523 No.1~3の補正
    7 手続補正書(複数)         A35231 No.4の補正
  2. 2022年1月23日(日)に更新予定の、新しい特許庁SSLサーバ証明書に対応しました。

  3. 2022年1月1日改定の「国際出願関係手数料」に対応しました。
    国際出願関係手数料の詳細は、「PCT関連手数料改定のお知らせ」をご覧ください。
    [i4.40]を利用して2021年12月31日までにPCT関連手続をする場合は、2022年1月1日からの新料金が適用されてしまいますので、〔料金表メンテナンス〕にて、旧料金に変更してから手続をしてください。
    国際出願願書
    手数料の種類 [i4.30] [i4.40]
    2022.01.01からの料金
    調査手数料 欧州特許庁が国際調査を行う英語の国際出願1件につき 236,100円 229,300円
    国際出願手数料 国際出願手数料(30枚まで) 153,600円 159,500円
    同上30枚を超える1枚につき 1,700円 1,800円
    電子出願による減額 34,600円 36,000円
    国際予備審査請求書
    手数料の種類 [i4.30] [i4.40]
    2022.01.01からの料金
    取扱手数料 23,100円 24,000円
  4. 出願ソフトのインストール時や起動時に、Windowsの言語や地域に日本語(日本)が設定されているかをチェックする機能を追加しました。
    日本語(日本)以外が設定されている場合、出願ソフトをご利用になれません。
    出願ソフトのサポート対象OSは、「インターネット出願ソフトの動作確認済環境について」をご覧ください。

    日本語(日本)以外が設定されている場合、以下のエラーメッセージが表示されます。
    〔OK〕ボタンをクリックすると、「Windowsの言語や地域の設定について」が開きますので、手順を参照して日本語(日本)に変更してください。

    Language Setting


    言語が「日本語」以外のため、出願ソフトを起動できません。
      (※)

    〔OK〕をクリックすると、電子出願ソフトサポートサイトが開きます。
    説明に沿ってご対応ください。

    〔OK〕

    (※)の部分には、日本語(日本)以外が設定されている項目名が表示されます。
  5. 株式会社NTTネオメイトの合併に伴い、認証局サービス名を変更しました。
    [i4.40]以降で使用される場合は、本人認証画面の「認証局サービス名」で以下のどちらかを選択してください。
     ・NTT-BS 電子認証カード e-Probatio PS2
     ・NTT-BS 電子認証カード e-Probatio PS2(裏面に星マーク)
【四法欄、形式の凡例】  ○:XMLまたはX-HTML  ◎:SGML  ●:XMLのみ
【書類分類コードの凡例】  書類を一意に特定する為のコード
  1桁目:大区分(A:出願系、C:審判系、R:登録系、P:PCT-RO、E:その他)
  2桁目(?部分):四法(1:特許、2:実用、3:意匠、4:商標)
  3~8桁目:中間コード

PAGE TOPへ