電子出願ソフトサポートサイト
パソコンか>ら特許庁へのオンライン手続が可能となる電子出願ソフトに関する情報を提供します。

  1. HOME
  2. サポート
  3. 仕様変更

仕様変更




Ver[i4.60]の変更内容

2022.06.23 ダウンロード開始  2022.06.26 リリース

  1. 《 国内出願 》 2022年7月1日施行のST.26形式の配列表に対応しました。
    詳細は「塩基配列及びアミノ酸配列の作成に関するWIPO標準ST.26への移行について」をご覧ください。

    • 出願日・国際出願日が2022年7月1日以降の書類に添付する配列表は、ST.26形式にしてください。

      書類 配列表形式 2022年6月30日以前 2022年7月1日以降
      送信ファイル作成オンライン出願送信ファイル作成オンライン出願
      特許願
      実用新案登録願
      ST.26形式 ××
      ST.25形式 ○ *1
      上記以外の
      国内書類
      ST.26形式 ××○ *2
      ST.25形式
      *1:特許願、実用新案登録願の場合、2022年7月1日以降はST.25形式なら警告します。

      *2:【事件の表示】、【出願の表示】の【出願日】、【出願番号】、【国際出願日】、【国際出願番号】から出願日を判定し、出願日が2022年6月30日以前でST.26形式なら警告します。
      出願日が未記載で出願番号や国際出願番号が2022年の場合は、「2022年7月1日以降の出願」と判定します。
      出願日を併記すると、正確に判定されます。

      *3:HTML形式の配列表も、ST.25形式と同様の扱いです。

    • ST.26形式の配列表は、WIPO提供の「WIPO Sequence」アプリで作成してください。
      「WIPO Sequence」アプリについては、以下を参照してください。
        https://www.wipo.int/standards/ja/sequence/index.html

    • 明細書への配列表の添付方法は、変更ありません。
      明細書末尾の【配列表】の下に、ST.26形式のファイルをリンクしてください。
        :
      【書類名】明細書
        :
      【配列表】
      ここにST.26形式の配列表をリンク
      【書類名】特許請求の範囲
        :
    • ST.26形式の配列表を表示・印刷するには、「WIPO Sequence」アプリが必要です。出願ソフトでは表示・印刷できません。
      以下の方法で配列表(ST.26)ファイルを出力し、「WIPO Sequence」アプリに取込み(インポート)して、表示・印刷してください。

      ・ST.26形式の配列表を含む書類を表示
       → [出力]メニューの〔配列表(ST.26)出力〕をクリックします。
       → 出力先を指定して〔OK〕をクリックしてください。
         出力されるファイル名は「JPOXMLDOC01-seql.xml」です。
         (閲覧の場合は「書類番号12桁-seql.xml」)
       → 「WIPO Sequence」アプリの〔配列表をインポート〕で取込みます。
         操作方法は「WIPO Sequence」アプリのユーザーマニュアルをご覧ください。


    • ST.26形式の配列表は出願ソフトで印刷できないため、メイン画面で書類を選択して〔印刷〕した場合、配列表を除いて印刷されます。
      HTML変換した場合は、ST.25形式の配列表と同様に、明細書の末尾に配列表がリンクされます。

    • [i4.50]以前のバージョンは、ST.26形式の配列表に未対応のため、ST.26を含む書類を表示・印刷・HTML変換すると以下のようになります。
        ・[i4.30]以降:エラーになります
        ・[i4.20]以前:表示・印刷時は、XMLの内容がそのまま表示されます。
                HTML変換時の拡張子が、ST.25を表す[.app]になります。

    ◆対象書類  ※形式、書類分類コードの凡例は、本記事の末尾に記載
    No.書類名(25文字名)特許実用意匠商標書類分類コード説明
    1特許願    A?63 
    2実用新案登録願    A?63 
    3翻訳文提出書    A?631 
    4国内書面   A?632 
    5国際出願翻訳文提出書   A?634 
    6国際出願翻訳文提出書(職権)   A?635閲覧のみ
    7手続補正書(方式)   A?51 
    8手続補正書   A?523 
    9誤訳訂正書    A?524 
    10特許協力条約第34条補正の翻訳文提出書   A?529 
    11特許協力条約第34条補正の翻訳文提出書(職権)   A?5210閲覧のみ
    12国際公開   A?IB349閲覧のみ
    13日本語国際公開(職権)   A?IB3491閲覧のみ
    14外国語国際公開配列表(職権)   A?IB3493閲覧のみ

  2. 《 国際出願 》 2022年7月1日施行のST.26形式の配列表に対応しました。
    詳細は「塩基配列及びアミノ酸配列の作成に関するWIPO標準ST.26への移行について」をご覧ください。

    • 国際出願日が2022年7月1日以降の書類に添付する配列表は、ST.26形式にしてください。
      国際出願願書の場合、2022年7月1日以降は、従来のST.25形式の配列表を添付してオンライン送信しても受理されません。

      書類 配列表形式 2022年6月30日以前 2022年7月1日以降
      送信ファイル作成オンライン出願送信ファイル作成オンライン出願
      国際出願願書ST.26形式 ××
      ST.25形式 × *1×
      国際予備審査請求書ST.26形式 ××○ *2
      ST.25形式 ○ *2
      *1:送信ファイル作成時だけでなく、編集ファイルの作成段階でもエラーになります。

      *2:国際出願番号、国際出願日を判定し、以下の場合に警告します。
        ・国際出願日が2022年6月30日以前=ST.26形式なら警告
        ・国際出願日が2022年7月 1日以降=ST.25形式なら警告
      国際出願日が未入力で国際出願番号が2022年の場合は、「2022年7月1日以降の出願」と判定するため、ST.25形式は警告されます。国際出願日を入力すると、正確に判定されます。

    • ST.26形式の配列表は、WIPO提供の「WIPO Sequence」アプリで作成してください。
      「WIPO Sequence」アプリについては、以下を参照してください。
        https://www.wipo.int/standards/ja/sequence/index.html

    • 国際出願願書の明細書への配列表の添付方法は、変更ありません。
      明細書末尾の【配列表】の下に、ST.26形式のファイルをリンクしてください。
        :
      【書類名】明細書
        :
      【配列表】
      ここにST.26形式の配列表をリンク
      【書類名】請求の範囲
        :
    • 国際予備審査請求書の『内訳』タブの配列表のプルダウンメニュー名を、 「附属書C/ST.25テキストファイル形式の配列表」から「配列表」に変更しました。
      配列表の添付方法は変更ありません。

    • 配列表の変更に伴い、国際予備審査請求書の『基本事項』タブの選択肢が、下図赤枠のように変更されました。
      [i4.50]以前に、下図青枠内の(キ)(ク)を選択して保存した編集ファイルを、[i4.60]以降で開くと、下図赤枠の(キ)が選択状態になります。

    • ST.26形式の配列表を表示・印刷するには、「WIPO Sequence」アプリが必要です。出願ソフトでは表示・印刷できません。
      以下の方法で配列表(ST.26)ファイルを出力し、「WIPO Sequence」アプリに取込み(インポート)して、表示・印刷してください。

      ・ST.26形式の配列表を含む書類を表示
       → 「PCT-RO表示/印刷」画面の〔配列表ST.26出力〕をクリックします。
       → 出力先を指定して〔OK〕をクリックしてください。
         出力されるファイル名は「JPOXMLDOC01-seql.xml」です。
       → 「WIPO Sequence」アプリの〔配列表をインポート〕で取込みます。
         操作方法は「WIPO Sequence」アプリのユーザーマニュアルをご覧ください。

    • ST.26形式の配列表を含む国際出願願書をHTML変換した場合は、ST.25形式の配列表と同様に、明細書の末尾に配列表がリンクされます。

    • ST.26形式の配列表の場合、「PCT-RO表示/印刷」画面の「頁数」は「-」になります。

    • [i4.50]以前のバージョンは、ST.26形式の配列表に未対応のため、ST.26を含む書類を表示/印刷・HTML変換すると以下のようになります。
        ・[i4.30]以降:エラーになります
        ・[i4.20]以前:表示/印刷時はエラーになります。
                HTML変換時は、拡張子がST.25を表す[.app]になります。

    • 国際予備審査請求書の2022年7月版の様式に対応しました。
      配列表の形式変更や、押印廃止に伴う様式変更です。
      [i4.60]で作成した送信ファイルは、2022年7月版の様式になります。
      2022年6月30日までに国際予備審査請求書を提出される場合は、[i4.50]で送信ファイルを作成してください。
      [i4.50]で作成した送信ファイルも、[i4.60]でオンライン出願できます。

    ◆対象書類  ※形式、書類分類コードの凡例は、本記事の末尾に記載
    No.書類名(25文字名)特許意匠商標書類分類コード説明
    1特許協力条約に基づく国際出願願書 P1AP101日本語・英語
    2国際予備審査請求書 P1AP401A日本語のみ


  3. 2022年7月1日改定の「国際出願関係手数料」に対応しました。
    国際出願関係手数料の詳細は、「PCT関連手数料改定のお知らせ」をご覧ください。
    [i4.60]を利用して2022年6月30日までにPCT関連手続をする場合は、2022年7月1日からの新料金が適用されてしまいますので、〔料金表メンテナンス〕にて、旧料金に変更してから手続をしてください。
    国際出願願書
    手数料の種類 [i4.50] [i4.60]
    2022.07.01からの料金
    国際出願手数料 国際出願手数料(30枚まで) 159,500円 179,000円
    同上30枚を超える1枚につき 1,800円 2,000円
    電子出願による減額 36,000円 40,400円
    国際予備審査請求書
    手数料の種類 [i4.50] [i4.60]
    2022.07.01からの料金
    取扱手数料 24,000円 26,900円

  4. 2021年4月1日付けの方式審査便覧の改訂により、「代理人解任届」及び「復代理人解任届」は廃止されました。
    代理権の消滅に関しては、「代理権消滅届」、「復代理権消滅届」を提出してください。
    • [i4.60]以降
      「代理人解任届」及び「復代理人解任届」を〔文書入力〕〔合成入力〕するとエラーになります。

    • [i4.50]以前で作成した「代理人解任届」及び「復代理人解任届」
      2022年6月26日以降にオンライン出願すると、書類不備になり受理されません。
      申請結果
      結果コード
      メッセージ  

      3002
      電子出願対象書類ではないXXXXXX  

  5. 2022年9月上旬に更新予定の、新しい特許庁SSLサーバ証明書に対応しました。

【四法欄、形式の凡例】  ○:XMLまたはX-HTML  ◎:SGML  ●:XMLのみ  *:非電子化書類
【書類分類コードの凡例】  書類を一意に特定する為のコード
  1桁目:大区分(A:出願系(マドプロも含む)、C:審判系、R:登録系、P:PCT-RO、M:マドプロ、H:ハーグ、E:その他)
  2桁目(?部分):四法(1:特許、2:実用、3:意匠、4:商標)
  3~8桁目:中間コード