1. HOME
  2. インターネット出願ソフト
  3. ユーザガイド
  4. 詳細

インターネット出願ソフト

テレワークをする方へ

【1】は、テレワークなど、別のパソコンにインターネット出願ソフトを設定して使用するための手順です。
【2】【3】は、参考にしてください。

をクリックするとPDFをダウンロードできます。
※本説明はWindows版の画面を例に説明しています。

【1】インターネット出願ソフトの設定(必須)

電子証明書のタイプによって、操作が異なります。

  • 過去の送受信データは、元パソコンからコピーしないと参照できません。
    過去のデータがなくても、インターネット出願ソフトは使用可能です。

  • インターネット出願ソフトを起動した時に、以下のメッセージが表示される場合
    証明書ストアを作成した時と構成が変わりました。
    証明書ストアを再作成してください。
    以下を参照し、証明書ストアを再作成してください。
    電子証明書ファイルと電子証明書パスワードが必要です。
    1. 識別番号リストメンテナンスで、対象の識別番号を「削除」
      ※このパソコンのインターネット出願ソフトから削除するだけです。
       特許庁に登録済みの識別番号は削除されません。
    2. 「申請人利用登録(識別番号を持っている場合) : ファイル形式」

<注意>
発送書類受取は、あるパソコンで受信中の場合は、別のパソコンで受信できません。受信中のパソコンの処理が終了すれば、別のパソコンから発送書類受取ができますが、受信が完了している書類を再受信することはできません。
パソコンAで受信した書類をパソコンBで参照するには、以下の方法でデータをコピーして反映してください。

  1. パソコンA
    対象書類を右クリック→〔データ出力〕→移動用のUSB媒体等に出力します。
  2. パソコンB
    『発送』タブの「受信済」フォルダを選択→[ファイル]メニュー→〔データ入力〕をクリックし、移動用のUSB媒体等のファイルを指定します。
【2】インターネット出願ソフトの基本操作(参考)

インターネット出願ソフトの操作がはじめての方は、以下を参照してください。

【3】送受信したデータをコピーして、別パソコンで参照する(任意:必要な時のみ)

インターネット出願ソフトは、操作したパソコンの中に送受信したデータを保存します。
別のパソコンで送受信したデータを参照するには、操作したパソコンのデータをコピーして反映してください。

PAGE TOPへ