1. HOME
  2. インターネット出願ソフト
  3. よくあるQ&A
  4. その他

インターネット出願ソフト

その他

  1. パソコン出願ソフト3のような接続確認作業はどのようにするのですか?
    • Windows
    • Mac
  2. 複数の識別番号を利用登録したのですが、インターネット出願ソフトを起動した時に誰で本人認証しているか分かりませんか?
    • Windows
    • Mac
  3. インターネット出願ソフトを起動して暫くすると、「本機能(CRL取得)は、特許庁の…」という画面が出ました。
    • Windows
    • Mac
  4. サービスメニュー照会/変更をしました。何を変更したか確認することはできますか?
    • Windows
    • Mac
  5. 予納残高明細のデータから審査請求料の返還請求に関する事項を抽出することはできますか?
    • Windows
    • Mac
  6. HTML変換すると、何故か途中でエラーになりました。
    • Windows
    • Mac
  7. XML系書類をHTML変換すると、JPEGだけ更新日時が[2003/07/01]になっています。
    • Windows
    • Mac
  8. 送信ファイルを選択したのに「文書入力」ボタンが押せません。
    • Windows
  9. 環境設定のルートフォルダが変更できません。
    • Windows
    • Mac
  10. 本人認証画面やメイン画面、ビューア画面などが、白四角“□”や、“?”などに文字化けしてしまいます。
    • Windows
  11. 口座振替情報照会をすると「事件の表示」欄に情報が入っていないものがあります。
    • Windows
    • Mac
  12. 閲覧請求後、長時間「準備中」のままです。
    • Windows
    • Mac
  13. WindowsにインストールされているJavaランタイムのバージョンの確認方法を教えてください。
    • Windows
  14. 認証局サービス名を選択して本人認証や環境設定をすると「V5ASC0342E PKCS#11モジュールのロード処理に失敗しました。」になります。
    • Windows
  15. パソコンを変更する場合の手順を教えてください。
    • Windows
    • Mac
  16. ファイル記録事項の閲覧請求/登録事項の閲覧請求で、何が閲覧できますか?
    • Windows
    • Mac
  17. 手続補正書など、中間書類を提出したいのですが、操作手順を教えてください。
    • Windows
    • Mac
  18. 登録査定がきました。納付書を提出したいのですが、操作手順を教えてください。
    • Windows
    • Mac
  19. 「住所(居所)変更届」や「氏名(名称)変更届」を、インターネット出願ソフトで手続できますか?
    • Windows
    • Mac
  20. 発送書類の受取で「動作モード」を「発送目録のみ」で実行した場合、発送書類を受け取ったことになりますか?
    • Windows
    • Mac
  21. インターネット出願ソフトをアンインストールすると、「本ソフトを完全にアンインストールするには再起動が必要です。」とメッセージがでます。
    • Windows
  22. 履歴照会可能期間、受領書受信可能期間を教えてください。
    • Windows
    • Mac
    • New
  23. 受領書にある「アクセスコード」とは何ですか?
    • Windows
    • Mac
  24. 手続に使用している予納台帳番号で予納残高照会すると「E4004 照会できない予納台帳です。予納台帳番号を確認してください」となり照会できません。
    • Windows
    • Mac
  25. 担当者が変わりました。出願ソフトニュース配信先を変更できませんか?
    • Windows
    • Mac
    • New
  26. 出願ソフトニュース配信を停止できませんか?
    • Windows
    • Mac
    • New

1. パソコン出願ソフト3のような接続確認作業はどのようにするのですか?

  • Windows
  • Mac

<回答>
インターネット出願ソフトの場合、接続確認作業はありません。
そのため、手続書類を送信して通信テストをする事はできませんので、ご注意ください。
通信ができるかどうかテストを行う場合は、[環境設定]の『通信』タブで〔接続テスト〕を行った後、インターネット出願ソフトの『補助』タブで[オンライン]メニュー→[認証テスト]を行ってください。


  • 接続テスト:接続ができるかどうかを確認します。
  • 認証テスト:電子証明書が特許庁に登録されているかどうかを確認します。
  • 認証テストは電子証明書の登録状態(失効していないかどうか等)は確認できません。
    確認する場合は、『補助』タブの〔予納残高照会〕や、『閲覧』タブの〔抽出状況目録の受取〕を行ってください。

PAGE TOPへ

2. 複数の識別番号を利用登録したのですが、インターネット出願ソフトを起動した時に誰で本人認証しているか分かりませんか?

  • Windows
  • Mac

<回答>
インターネット出願ソフトの画面の右下に本人認証している識別番号が表示されます。そこでご確認ください。

PAGE TOPへ

3. インターネット出願ソフトを起動して暫くすると、「本機能(CRL取得)は、特許庁の…」という画面が出ました。

  • Windows
  • Mac

<現象>
インターネット出願ソフトを起動して暫くすると、以下のメッセージが表示されます。

本機能(CRL取得)は、特許庁の○○(※)の有効性を確認するために、
起動時に証明書発行元と通信してCRL(失効リスト)を取得する機能です。


□以降、この画面を表示しません。(起動時に、この機能を動作させません。)

[ OK ]

インターネット出願ソフト起動時に、SSLサーバ及び特許庁証明書の失効確認する為の失効リストを取得します。
確認を行うかどうかは「環境設定」の『起動/画面』タブで選択できます。
このメッセージは、起動時に確認を行うよう指定されているのに、必要な情報が取得できなかった場合に表示されます。


<対策>

  • インターネット接続できるか確認します。
  • インターネット出願ソフトで「認証テスト」を確認します。
    (方法)
    (1)インターネット出願の『補助』タブを開く
    (2)[オンライン]→[認証テスト]をクリック
    (3)テスト画面の状態を確認し〔確認〕をクリック

インターネット接続、認証テストに問題がない場合は、一時的なサーバやネットワークの混雑が原因です。インターネット出願ソフト操作を続けてください。

以降、失効情報確認を行わないよう変更する場合は、以下の方法で設定を変更してください。
<変更方法>

  • Macの場合
    メッセージ画面で、「□以降、この画面を表示しません。」にチェックを入れて〔OK〕ボタンを押してください。
    メッセージを閉じた後で変更する場合は、≪環境設定による変更≫操作を行ってください。

  • Windows 7以降の場合
    Windowsログインユーザが管理者権限を持たない場合

    以下、≪環境設定による変更≫操作を行ってください。


≪環境設定による変更≫

  1. デスクトップの「インターネット出願」のアイコンをダブルクリックします。
  2. 「本人認証」画面のボタンをクリックし、[環境設定]をクリックします。
  3. 『起動/画面』タブで、以下のチェックを外します。
    • □SSLサーバ証明書・特許庁証明書のCRL情報を取得する
  4. 〔OK〕ボタンを押します。

PAGE TOPへ

4. サービスメニュー照会/変更をしました。何を変更したか確認することはできますか?

  • Windows
  • Mac

<対策>
「サービスメニュー照会/変更」を行った場合、その変更結果は通信履歴で確認することができます。
『補助』タブの通信履歴フォルダから、「サービスメニュー照会/変更」を行った時間の履歴を表示すると、以下の内容が表示されます。

---- 変更内容 ----
項目名[オンライン発送利用希望](01):[1]→[0]
項目名[出願ソフトニュース配信希望](02):[]→[1]
項目名[電子現金納付専用パスワード登録状況](03):[変更あり]
項目名[電子現金納付者カナ氏名登録状況](04):[ヘンコウマエ]→[ヘンコウゴ]
------------------

  • [オンライン発送利用希望]:[0]=利用希望なし、[1]=利用希望あり

  • [出願ソフトニュース配信希望]:[0]=配信希望なし、[1]=配信希望あり

  • [電子現金納付専用パスワード登録状況]:変更を行った場合、[変更あり]が表示されます。
    変更後のパスワードは表示されません。

  • [電子現金納付者カナ氏名登録状況]:変更した場合、[変更前の内容]→[変更後の内容]が表示されます。

PAGE TOPへ

5. 予納残高明細のデータから審査請求料の返還請求に関する事項を抽出することはできますか?

  • Windows
  • Mac

予納制度を利用して審査請求料の返還請求を行った場合、電子出願ソフトのオンライン予納照会機能を利用して予納残高明細のデータをCSV出力した後、一般のソフトウェアでソート等を行っていただくことにより、審査請求料の返還請求に関する項目を抽出することができます。
具体的な操作方法については「オンライン予納照会データのCSV出力とソート方法について」をご覧ください。


PAGE TOPへ

6. HTML変換すると、何故か途中でエラーになりました。

  • Windows
  • Mac

<現象>
HTML変換中に、次のようなエラーが発生して変換できません。

  • V1ALH0905W イメージ変換異常
  • V1ALH0906E HTML変換異常

<対策>
大抵の場合、以下の点が原因になっています。

  • (1)HTML変換先に、ドライブ直下[A:¥],[C:¥]などを指定している
  • (2)HTML変換先の空き容量が不足している

HTML変換先として、十分な空き容量がある場所を選び、 さらに、ドライブ直下でなく[A:¥HTML],[C:¥HTML]のようにフォルダ配下を指定すれば正常に変換されます。


PAGE TOPへ

7. XML系書類をHTML変換すると、JPEGだけ更新日時が[2003/07/01]になっています。

  • Windows
  • Mac

<現象>
XML送信ファイル内では、ファイルの更新日時は全て[2003/07/01]になっています。 これは、ファイル更新日時が変わる事により、同じデータであってもHASH値が別になり、二重出願チェックが効かなくなるのを防ぐ為です。 HTML変換時、JPEGは特許庁送受信ファイル内のデータをそのまま使用するため、更新日時が[2003/07/01]となります。


PAGE TOPへ

8. 送信ファイルを選択したのに「文書入力」ボタンが押せません。

  • Windows

<回答>
旧資産フォルダ内の送信ファイルフォルダを選択していませんか?
旧資産フォルダは参照用となり、書類作成やオンライン業務は行えません。
出願フォルダ内の送信ファイルフォルダを選択して行ってください。


PAGE TOPへ

9. 環境設定のルートフォルダが変更できません。

  • Windows
  • Mac

<回答>
インターネット出願ソフトを起動した状態で[ツール]→[環境設定]で設定しようとしていませんか?
インターネット出願ソフト起動状態ではルートフォルダなどは変更できません。
グレーになっていて変更できない部分を設定する場合は、以下を参考に操作してください。

  1. デスクトップの「インターネット出願」のアイコンをダブルクリックします。
  2. 「本人認証」画面のボタンをクリックし、[環境設定]を起動します。

PAGE TOPへ

10. 本人認証画面やメイン画面、ビューア画面などが、白四角“□”や、“?”などに文字化けしてしまいます。

  • Windows

<回答>
◆Windowsの場合

  • 英語版のWindowsの場合
    インターネット出願ソフトは日本語版Windowsのみ対応しています。日本語版でご利用ください。

  • 日本語版のWindowsの場合
    Windowsの言語設定が、きちんと日本語になっていない場合に発生します。
    以下の操作で、日本語に設定しなおしてください。
    画面の開き方、設定場所は、ご利用の環境により異なります。
    以下のご利用環境毎の説明を参考にしてください。
    ※設定にはパソコンの再起動が必要です。

    1. コントロールパネルの言語設定『画面』を開きます。
    2. 以下の言語設定『場所』をすべて別の国、又は言語に変更し〔OK〕にて終了します。
    3. パソコンを再起動します。
    4. コントロールパネルの言語設定『画面』を開きます。
    5. 以下の言語設定『場所』をすべて日本、又は日本語に変更し〔OK〕にて終了します。
    6. パソコンを再起動します。

    (Windows 7の場合)
    1、4の『画面』の開き方
    • [スタート]
    • →[コントロールパネル]
    • →[時計、言語および地域]
    • →[地域と言語]

    2、5の『場所』
    • 『形式』タブの “形式”
    • 『場所』タブの “現在の場所”
    • 『管理』タブの〔システムロケールの変更〕ボタンをクリックし、開いた画面の “現在のシステムロケール”


    (Windows 8.1の場合)
    1、4の『画面』の開き方
    • [スタート]
    • →[コントロールパネル]
    • →[時計、言語および地域]
    • →[地域と言語]

    2、5の『場所』
    • 『形式』タブの “形式”
    • 『場所』タブの “主な使用場所”
    • 『管理』タブの〔システムロケールの変更〕ボタンをクリックし、開いた画面の “現在のシステムロケール”


PAGE TOPへ

11. 口座振替情報照会をすると「事件の表示」欄に情報が入っていないものがあります。

  • Windows
  • Mac

<現象>
口座振替情報を照会すると「事件の表示」項目で一部の手続に事件番号が表示されない場合があります。
口座振替


<回答>
手続後、特許庁内での方式審査等が完了していないものについては「事件の表示」欄に情報がはいりません。しばらくたってから、再度、口座振替情報照会を行ってください。
方式審査完了時期は手続毎に異なります。


PAGE TOPへ

12. 閲覧請求後、長時間「準備中」のままです。

  • Windows
  • Mac

<原因>
以下の原因が考えられます。

  1. オンラインで閲覧請求してから閲覧可能となる時間が決まっています。回答1より閲覧可能時間となっているか確認してください。

  2. 閲覧可能時間となっている場合で、請求料金の納付方法に『口座振替』を利用している場合は回答2を参照してください。

<回答>

  1. 閲覧請求から閲覧までにかかる時間について
    ※詳細は操作マニュアルを参照してください。
    • ファイル記録事項と国際登録に基づく商標権に係る商標登録原簿(マドプロ)の閲覧
      • 開庁日の9:00から20:00の間に閲覧請求をした案件については閲覧請求後、約1時間で随時閲覧可能となります。
      • 開庁日の20:00以降に閲覧請求した案件については、翌開庁日10:00から閲覧できます。

        なお、書類サイズにより変動する場合がありますのであらかじめご了承ください。

    • 特許登録原簿等の閲覧(国際登録に基づく商標権に係る商標登録原簿を除く)
      • 開庁日の9:00から19:00までに閲覧請求をした案件については閲覧請求後、2~4時間で閲覧可能となります(閲覧請求を2時間単位でまとめて処理し閲覧可能にします)。
      • 開庁日の19:00以降に閲覧請求した案件については、翌開庁日11:00から閲覧できます。
  2. 口座振替を利用している場合
    口座振替が完了しないと閲覧できません。金融機関や口座の種類によってオンラインによる口座振替可能時間が異なることがあります。
    口座振替可能時間外に閲覧請求した場合、閲覧できないことがあります。
    ※オンラインによる口座振替可能時間についてはご利用の金融機関にお問い合わせください。

  3. 閲覧可能時間内における閲覧不能の場合、および、口座引き落とし不可(残高不足による却下を除く)の場合閲覧担当窓口にお問い合わせください。

PAGE TOPへ

13. WindowsにインストールされているJavaランタイムのバージョンの確認方法を教えてください。

  • Windows

<方法>

  1. ・ Windows 7の場合
     [スタート]→[コントロールパネル]→〔プログラムのアンインストール〕をクリックします。

    ・ Windows 8.1以降の場合
     [スタート]を右クリック→[プログラムと機能]をクリックします。

  2. 「プログラムのアンインストールまたは変更」一覧が表示されます。

    • 「Java  Update XX」と表示されている場合
      Java8がインストールされています。

    • 「Java  Update XX」と表示されている場合
      Java7がインストールされています。

※「XX」はアップデートバージョンです。
 必要バージョン以上であれば、利用可能です。
※Java 8、Java 7両方インストールされている場合
 [i2.40]以上は、Java 8を使用します。
 [i2.30]は、Java 7を使用します。
※インターネット出願ソフトに必要な、Javaランタイム(Java実行環境≪JRE≫)バージョンや入手方法については 「JAVAランタイムの入手方法」を参照してください。


Javaは、Oracle Corporation 及びその関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。

PAGE TOPへ

14. 認証局サービス名を選択して本人認証や環境設定をすると「V5ASC0342E PKCS#11モジュールのロード処理に失敗しました。」になります。

  • Windows

11.「本人認証や環境設定の『認証局サービス名』に、個人番号カードや住民基本台帳カードを選択すると「PKCS#11モジュールのXXに失敗しました。」とエラーになります。」を参照してください。


PAGE TOPへ

15. パソコンを変更する場合の手順を教えてください。

  • Windows
  • Mac

インターネット出願ソフトを利用中の方が、パソコンを変更する場合に必要とされる操作は、以下をご覧ください。
「パソコンを変更した場合の設定/データ移行」

PAGE TOPへ

16. ファイル記録事項の閲覧請求/登録事項の閲覧請求で、何が閲覧できますか?

  • Windows
  • Mac

<閲覧内容について>

  • ファイル記録事項の閲覧請求
    出願から登録までの特許庁とやりとりした書類(出願書類、中間書類、納付書、発送書類など)が閲覧できます。
    オンライン請求では請求書に「出願番号」を記載します。

  • 登録事項の閲覧請求
    特許・登録原簿(登録後の権利情報(期間、権利者など))が閲覧できます。
    オンライン請求では請求書に「特許番号」や「登録番号」を記載します。


いずれも、特許庁サイトの[電子出願で可能な手続の範囲]が対象です。
閲覧対象の書類は、特許庁サイトの[オンライン手続の各種書類一覧]をご覧ください。

対象事件が拒絶査定不服審判請求されている場合、審判系書類が閲覧可能です。
但し、特許(PCT-DO除く)以外について、出願が平成12年以前で平成12年以降に拒絶査定不服審判請求されている事件は、請求書に「出願番号」と「審判番号」を併記することにより閲覧が可能です。


※事件や請求タイミングにより、閲覧できる内容は異なります。詳細は、出願課特許行政サービス室 電子出願調整班にお問い合わせください。



<参考>
・操作方法は、以下をご覧ください。

  1. [ファイル記録事項を閲覧したい(願書、中間書類、納付書など)]
  2. [登録事項(磁気原簿)を閲覧したい]
  3. [オンライン請求の基本操作]
  4. [オンライン閲覧の基本操作]

・請求から閲覧までにかかる時間については、以下をご覧ください。

  1. [ファイル記録事項を閲覧したい(願書、中間書類、納付書など)]
  2. [登録事項(磁気原簿)を閲覧したい]

PAGE TOPへ

17. 手続補正書など、中間書類を提出したいのですが、操作手順を教えてください。

  • Windows
  • Mac

特許庁へオンラインで出願書類、中間書類、納付書など提出する場合、書類が異なっても、インターネット出願ソフトの操作方法は同じです。
詳細は、[出願書類/中間書類/納付書など、国内提出書類の提出方法][PDF]を参照してください。

以下に、大まかな手順をご案内します。

  • 意見書など、手数料が不要な書類の場合は、3.以降をご覧ください。
  • 手数料が必要な書類で、納付方法が分からない場合は手数料の納付方法を参照してください。
  • 電子出願を行う準備が未だの方は、事前準備の流れをご覧ください。

  1. 納付方法が電子現金納付の場合は、先に〔納付番号取得〕を行います。
    ※操作方法は、電子現金納付  納付方法/納付状況の照会を参照してください。
  2. 手数料を支払います。納付方法により、支払い方法は異なります。
    ※詳細は、手数料の納付方法を参照してください。
  3. 提出書類をHTML形式で作成します(支払いに利用した納付方法を記載してください)。
    ※書類の書き方は、ひな型より作成や、申請書類書き方ガイドを参考に作成してください。
    ※出願審査請求書など、一部書類については、かんたん願書作成(Windowsのみ)を利用することもできます。
  4. インターネット出願ソフトを起動し、本人認証します。
  5. 『出願』タブを開き、〔文書入力〕(または〔合成入力〕)します。
  6. 「送信ファイル」フォルダに書類が保存されたら、表示/印刷し、内容に誤りがないか確認します。
  7. 〔オンライン出願〕します。
  8. 受理済、受領書の内容が正しいことを確認します。

PAGE TOPへ

18. 登録査定がきました。納付書を提出したいのですが、操作手順を教えてください。

  • Windows
  • Mac

「手続補正書など、中間書類を提出したいのですが、手順を教えてください。」を参照してください。

PAGE TOPへ

19. 「住所(居所)変更届」や「氏名(名称)変更届」を、インターネット出願ソフトで手続できますか?

  • Windows
  • Mac

「住所(居所)変更届」や「氏名(名称)変更届」の代わりに、〔申請人情報照会/変更〕や〔申請人利用登録/証明書追加〕機能で、「住所又は居所」や「氏名又は名称」が変更できます。
なお、国際出願の手続は対象外です。所定の様式で手続してください。

一部ケースでは、利用できない機能もあります。
以下の図で、該当の機能を確認してください。
詳細は、操作マニュアル IV.操作編 「9.3.2 申請人情報照会/変更」を参照してください。
フロー


■各機能の起動方法

  • デスクトップの「インターネット出願」のアイコンをダブルクリックします。
  • 「本人認証」画面のボタンをクリックし、[申請人情報・証明書管理ツール]をクリックします。
  • 左下の〔申請人情報・証明書の登録〕ボタンをクリックします。
  • 以下のどちらかを選択し、〔起動〕ボタンをクリックします。
       ◎ 申請人利用登録/証明書追加
       ◎ 申請人情報照会/変更


※これらの機能で申請人情報を変更した場合、「住所(居所)変更届」や「氏名(名称)変更届」を郵送により提出する必要はありません。

申請人情報変更についてご不明な点がございましたら、担当部署へご相談ください。
  特許庁出願課 申請人等登録担当
  TEL:03-3581-1101(内線2764番)

PAGE TOPへ

20. 発送書類の受取で「動作モード」を「発送目録のみ」で実行した場合、発送書類を受け取ったことになりますか?

  • Windows
  • Mac

「動作モード」を「発送目録のみ」にして実行した場合、発送書類の受取は行われません。従って、発送書類を受け取ったことにはなりません。

「発送目録のみ」で受取作業を行った場合、状況により発送目録の内容が異なります。

当日、1回目の受取操作 未受信の発送書類がない 通信時のメッセージが「E2008 発送目録がありません」となり、発送目録は受信されません。
未受信の発送書類がある 未受信の件数のみ表示され、書類名などの情報は表示されません。
当日、1件以上の発送書類を受信済 未受信の発送書類がない 受信している発送書類の書類名などの情報が表示されます。
未受信の発送書類がある 受信している発送書類の書類名などの情報が表示されます。
未受信の件数が表示され、書類名などの情報は表示されません。

PAGE TOPへ

21.インターネット出願ソフトをアンインストールすると、「本ソフトを完全にアンインストールするには再起動が必要です。」とメッセージがでます。

  • Windows
<現象>
インターネット出願ソフトをアンインストールすると以下のメッセージが表示されます。

再起動の確認

本ソフトを完全にアンインストールするには再起動が必要です。
アンインストール完了後、パソコンを再起動してください。

〔OK〕

<回答>
一部の機能は、パソコンを起動した状態では完全に削除できません。パソコンの再起動時に削除します。
アンインストールの完了メッセージが表示されたら、起動しているアプリケーションを全て終了し、パソコンを再起動してください。

PAGE TOPへ

22.履歴照会可能期間、受領書受信可能期間を教えてください。

  • Windows
  • Mac

<回答>
機能やオンライン操作時間によって可能期間が異なります。詳細は、以下を参照ください。

■出願、国際出願

■請求

PAGE TOPへ

23.受領書にある「アクセスコード」とは何ですか?

  • Windows
  • Mac

<回答>
優先権を主張した出願をする場合、優先権書類を提出する必要があります。
アクセスコードは、この優先権書類を電子的に交換するデジタルアクセスサービスを利用する場合に必要な番号です。

制度の詳細は「優先権書類の提出省略について(優先権書類データの特許庁間における電子的交換について)」をご覧ください。

※アクセスコードは、アルファベットの大文字A~Fとアラビア数字の大文字(0~9)の組み合わせ4文字で構成されています。

PAGE TOPへ

24.手続に使用している予納台帳番号で予納残高照会すると「E4004 照会できない予納台帳です。予納台帳番号を確認してください」となり照会できません。

  • Windows
  • Mac

<回答>
指定した予納台帳番号が、本人認証した識別番号で取得した予納台帳番号か確認してください。
取得した識別番号以外では予納残高照会できません。

他の識別番号で使用できるよう届出を提出している場合、手続書類に記載してオンライン申請することは可能ですが、残高照会する権限がありません。

特許庁への届出や権限に関しては、担当部署へご相談ください。
  特許庁出願課 申請人等登録担当
  TEL:03-3581-1101(内線2764番)

PAGE TOPへ

25.担当者が変わりました。出願ソフトニュース配信先を変更できませんか?

  • Windows
  • Mac

<回答>
出願ソフトニュース配信先は、[申請人情報・証明書管理ツール]で変更できます。

  1. [申請人情報・証明書管理ツール]を起動します。
  2. 〔申請人情報・証明書の登録〕をクリックします。
  3. 「◎申請人情報照会/変更」を選択して、〔起動〕をクリックします。
  4. Pinを入力して〔実行〕または〔次へ〕をクリックします。
  5. 識別番号を確認して、〔OK〕をクリックします。
  6. 申請人情報一覧が表示されたら、「申請人:E-mail」を選択し、〔変更〕ボタンをクリックします。
  7. 新しいE-mailアドレスを入力して、〔OK〕をクリックします。
    ※実務担当者の、E-mailアドレスを設定してください。
  8. 〔申請〕をクリックし、変更内容を確認したら〔実行〕をクリックします。

詳細手順は、ユーザガイドの「申請人登録情報の照会/変更」を参照してください。

出願ソフトニュース配信を停止する場合は、「出願ソフトニュース配信を停止できませんか?」を参照してください。

PAGE TOPへ

26.出願ソフトニュース配信を停止できませんか?

  • Windows
  • Mac

<回答>
出願ソフトニュース配信は、[申請人情報・証明書管理ツール]で停止できます。

  1. [申請人情報・証明書管理ツール]を起動します。
  2. 〔申請人情報・証明書の登録〕をクリックします。
  3. 「◎サービスメニュー照会/変更」を選択して、〔起動〕をクリックします。
  4. Pinを入力して〔実行〕または〔次へ〕をクリックします。
  5. サービスメニュー内容確認が表示されたら、「出願ソフトニュース配信希望」を選択し、〔設定の変更〕をクリックします。
  6. 「◎なし」を選択して、〔OK〕をクリックします。
  7. サービスメニュー内容確認で変更内容を確認して、〔更新〕をクリックします。

詳細手順は、ユーザガイドの「サービスメニュー照会/変更」を参照してください。

PAGE TOPへ