1. HOME
  2. インターネット出願ソフト
  3. よくあるQ&A
  4. 表示・印刷
  5. 詳細

インターネット出願ソフト

表示・印刷

D.その他

1. 書類のヘッダ部分に数字だけがあるものと、“1/E”となっているものがあります。これは何ですか?

  • Windows
  • Mac
  • Linux

<回答>
数字は書類ごとのページ数を表しています。EはENDの意味で、最終ページはこのように表示されます。

一覧へ戻る

2. XML形式が40文字×50行に変更になったと思いますが、表示・印刷をする時の行間の設定の変更はできませんか?

  • Windows
  • Mac
  • Linux

<回答>
表示・印刷の行間の設定はできません。

一覧へ戻る

3. 表示は正常なのに印刷すると「イメージが印刷されない」または「余分な点のようなものが印刷される」ことがあります。

  • Windows
  • Mac
  • Linux

<回答>
ほとんどの場合、プリンタドライバが対応していない為と思われます。
プリンタメーカのホームページで、ご使用のOSに合った最新のドライバを入手し更新してください。

一覧へ戻る

4. 発送書類を印刷したのに削除できません。太字のままです。

  • Windows
  • Mac
  • Linux

<現象>
受け取った発送書類で、印刷を行なっていないものは太字で表示し、太字で表示されている発送書類は、削除できないようになっています。発送書類を表示したビューアから印刷を行った場合は、太字で表示されたままになります。

<対策>
発送書類の印刷は、メイン画面のリストビューから書類を選択し、「印刷」ボタンかファイルメニュー内の<印刷>で行ってください。表示した画面から印刷を行っても、太字で表示されたままになります。

一覧へ戻る

5. 外国語出願などでPDFファイルを使いますが、Adobe Readerのどのバージョンまで対応していますか?

  • Windows
  • Mac
  • Linux

<回答>

  • ●表示/印刷について
    「Adobe Reader」は、アドビシステムズ社のサポート対象のバージョンのみ利用可能です。
    サポート期間は、アドビシステムズ社のホームページにてご確認ください。
    https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/policy-pricing/8160.html

    「Adobe Reader」の最新バージョンは、無料で配布されていますので、以下のサイトからダウンロードしてください。
    http://get.adobe.com/jp/reader/
    Get adobe reader

    Adobe Readerはアドビシステムズ社の登録商標です。



  • ●PDFファイル作成について
    PDFフォーマット1.2、1.3、1.4のいずれかに準拠した形式で作成してください。
    通常、「Adobe Acrobat」バージョンに応じてPDFフォーマットバージョンは変わります。
    保存時にPDFフォーマットバージョンを指定してください。

一覧へ戻る

6. 2008年6月1日以降に受信した発送書類、受領書、受理済が表示・印刷・HTML変換できません。

  • Windows
  • Mac
  • Linux
<現象>
2008年6月1日以降にインターネット出願ソフトで受信した書類を、[i1.50]以前のバージョンで表示・印刷・HTML変換を行った場合にエラーメッセージが表示され、インターネット出願ソフトが終了します。

V5IPCL00.EXE

問題が発生したため、V5IPCL00.EXE を終了します。ご不便をおかけして申し訳ありません。
〔エラー報告を送信する〕 〔送信しない〕

このメッセージに応答した後、以下のいずれかのメッセージが表示されます。
   ↓

インターネット出願

V1CRZ0005S
[IOPクライアントとの切断でエラーが発生しました。戻り値[-3] エラーコード[10054]] 関数名[V5IPAC02_Receive]
エラーNo[-2] ファイル名[C:¥JPODATA・・・・] 〔OK〕

XMLビューア

エラー種別:[7],エラー番号:[-2],エラー検出関数名:[V5IPAC02_Receive]
エラーファイル名:[]
エラー内容:IOPクライアントとの切断でエラーが発生しました。戻り値[-3] エラーコード[10054]
〔OK〕

表示

送受信データのデコード処理にエラーが発生しました

[エラー詳細情報]
入出力異常が発生しました。関数名[V5IPAC02_Receive] エラーNo[-2]
ファイル名[]情報[IOPクライアントとの切断でエラーが発生しました。戻り値[-3] エラーコード[10054]]

同時に以下のメッセージが表示される場合があります。

インターネット出願

V3IMA0020E
インターネット出願の処理に必要なプログラムが異常終了しました。
インターネット出願を終了します。
〔OK〕


<対策>
2008年6月1日より特許庁書類に署名するための電子証明書が変更されたことに伴い、発送書類、受領書、受理済の電子署名が変更になっています。[i1.50]以前のバージョンでは新しい電子証明書に対応していないため表示・印刷・HTML変換できません。
[i1.51]以降のバージョンにアップグレードしてください。

一覧へ戻る

7. 入力チェック結果が表示されません。又は、文字化けしています。

  • Windows
  • Mac
  • Linux

<原因>
ご利用のパソコンに「標準(既定)のブラウザ」の設定がされていないか、ブラウザの文字コード設定に問題が発生している可能性があります。

<対策>
以下の(A)(B)どちらかをお試しください。

(A)入力チェック結果表示用ブラウザを、インターネット出願ソフト独自のビューアに変更します。

  1. インターネット出願ソフトを起動します。
  2. メニューより[ツール]→[環境設定]をクリックします。
  3. 『表示/印刷』タブを開きます。
  4. 入力チェック結果表示用ブラウザ欄で、「◎標準のブラウザを使用しない」にチェックを変更し、〔OK〕をクリックします。


(B)ご利用のブラウザの設定を行ってください。

  • 入力チェック結果が表示されない場合
     ご利用のパソコンに「標準(既定)のブラウザ」を設定してください。
  • 入力チェック結果の表示はできるが、内容が文字化けする場合
     →「標準(既定)のブラウザ」の文字コード/エンコードなどの設定に問題がないか確認してください。入力チェック結果は、日本語(シフトJIS)です。

※ブラウザの設定については、ブラウザ発行元メーカーにお問合せください。
(B)の対応方法が分からない場合は、(A)の方法をご利用ください。

一覧へ戻る

8. 送信ファイルの表示/印刷と、元HTMLで字形が異なる漢字は、▲▼で囲む置き換えの記載にすればいいですか?

  • Windows

<回答>
書類作成・文書入力 > B. 書類・イメージ作成関連 > 「13.送信ファイルの表示/印刷と、元HTMLで字形が異なる漢字は、▲▼で囲む置き換えの記載にすればいいですか?」をご覧ください。

一覧へ戻る

9. 複数書類を選択して印刷した場合、明細書や請求の範囲などが印刷されません。

  • Windows

<回答>
2016年8月のWindows セキュリティ更新プログラムの一部を適用後、複数書類を選択して印刷した場合、明細書や請求の範囲などが印刷されない事例が報告されています。
本事象の修正プログラムが、2016年9月中旬のWindows Updateで自動配信されています。Windows Updateにて最新の更新プログラムを適用してください。

一覧へ戻る

10. PDFの書類が表示されません(国際出願の書類や、PDFを添付した書類)。

  • Windows
  • Mac

<回答>
以下を順番にご確認ください。

※本説明中、アドビシステムズ社の「Acrobat Reader DC」または「Acrobat DC」を、「Acrobat Reader」とします。利用するソフトに合わせて読み替えてください。

  1. 「Acrobat Reader」がインストールされていることを確認してください。
    アドビシステムズ社のサポート対象のバージョンのみ利用可能です。

    インストールされていない場合、「Acrobat Reader」は、無料で配布されていますので、以下のサイトからダウンロードしてください。
       http://get.adobe.com/jp/reader/
       Get adobe reader

  2. 以下の操作で、「Acrobat Reader」を既定のプログラムに設定してください。
    Windows 7の場合
    Windows 8.1の場合
    Windows 10の場合

  • Windows 7の場合
    1. 「Acrobat Reader」を起動します。
    2. メニューバーの[編集]→〔環境設定〕をクリックします。
    3. 画面左側の「分類」より「一般」を選択します。
    4. 画面右側下の〔デフォルトのPDFハンドラーを選択〕をクリックします。
    5. ユーザアカウント画面が出る場合は、〔はい〕をクリックします。
      ※Windowsログインユーザによっては、パスワード等を求められる場合があります。
    6. 環境設定画面右下の〔OK〕をクリックします。
    7. 「Acrobat Reader」を終了します。

  • Windows 8.1の場合
    ※本設定はWindowsのアカウント毎に必要です。
    1. PDFファイルを選んで右クリック
    2. [プログラムから開く]→〔既定のプログラムの選択...〕をクリック
    3. 「■すべての .pdf ファイルをこのアプリで開く」にチェックを付け、〔Adobe Acrobat Reader XX〕をクリック

    4. アイコンのデザインが「Acrobat Reader」に変わっているかご確認ください。


  • Windows 10の場合
    ※本設定はWindowsのアカウント毎に必要です。
    1. PDFファイルを選んで右クリック
    2. [プログラムから開く]→〔別のプログラムを選択〕をクリック
    3. 〔Adobe Acrobat Reader XX〕を選択し、
      「■常にこのアプリを使って .pdf ファイルを開く」にチェックを付け、〔OK〕をクリック
      選択したPDFファイルの内容が表示されます。この画面は閉じてください。

    4. アイコンのデザインが「Acrobat Reader」に変わっているかご確認ください。

PAGE TOPへ