1. HOME
  2. インターネット出願ソフト
  3. よくあるQ&A
  4. 表示・印刷
  5. 詳細

インターネット出願ソフト

表示・印刷

C.イメージ関連

1. 過去に出願したイメージを使用して送信ファイルを作りましたが、以前とイメージの大きさが違うようです。

  • Windows
  • Mac

<回答>

イメージの挿入箇所により、イメージの規定が異なります。
また、2003年7月より、特許・実用の書類に使用するイメージの規定が変わっています。

同じサイズのイメージでも送信ファイルで扱う解像度が違う場合があります。
電子出願ソフトの操作マニュアル→書類作成編→1.2.1 HTML文書で使用できるイメージ を参照して確認してください。


※Word2000以上のバージョンをお使いの場合はイメージ挿入方法が違うために発生することもあります。
イメージ挿入方法が正しいか、『Word2000以上のバージョンでの書類作成(HTML形式)について』でご確認ください。

一覧へ戻る

2. 送信ファイルを表示・印刷すると、イメージの色が変わっています。

  • Windows
  • Mac

<現象>
送信ファイルを表示・印刷したものと、イメージソフトで確認したものとを比較すると、黄色がグレーになるなど色が大きく違っています。


<対策>
一般的に表示・印刷するソフトや機器により微妙な差は生じます。しかし、黄色→グレーなど明らかな色の相違は圧縮をかけたことによる色などの劣化が原因と考えられます。
保存後のイメージを確認し、圧縮率を高くしすぎないようご注意ください。
圧縮の具体的な方法については、よくあるQ&Aの「JPEGのイメージを組み込んだら、送信ファイルのサイズが非常に大きくなります。」をご覧ください。

一覧へ戻る

3. 送信ファイルを印刷すると、イメージが印刷されない場合があります。小さくなったり、崩れたりする場合もあります。

  • Windows
  • Mac

<現象>
送信ファイルを作成し、表示するときれいに見えますが、印刷するとイメージ部分が抜けて文字だけ印刷される場合があります。
また、イメージが小さくなったり、崩れた状態で印刷される場合もあります。
この場合、大抵プレビューでも同様の現象になっています。


<対策>
大抵は、プリンタドライバを最新のものに入れ替えると直ります。
1つのプリンタに複数のプリンタドライバがある場合、ドライバの種類をかえると直る例もあります。
詳しくは、プリンタのメーカーにお問い合わせください。


また、プリンタの設定(解像度など)によって発生する場合もあります。
この場合、プリンタの解像度を下げるなど、設定を変更すると正常に印刷されることがあります。

一覧へ戻る

PAGE TOPへ