1. HOME
  2. はじめての方へ
  3. 事前準備の流れ
  4. パソコンの準備
  5. Javaランタイムの入手方法

Javaランタイムの入手方法 (Windows版)

  • Windows

A. 入手方法 (Windows版)

Javaランタイムは、Oracle Corporation のホームページからダウンロードできます。
32ビット版をインストールしてください。OSが64ビット版の場合も、32ビット版が必要です。

  1. Javaランタイム8(32ビット版)の入手方法
  2. 特定のバージョン(32ビット版)を入手する場合
a. Javaランタイム8(32ビット版)の入手方法 (Windows版)
  1. インストールしたいパソコンで操作します。
    以下のサイトを開きます。
  2. 〔無料Javaのダウンロード〕をクリックします。

  3. 表示された画面の「推奨Version」の上を確認します。
    「64ビット」と表示されていない場合は、<手順A>に進みます。
    「64ビット」と表示されている場合は、<手順B>に進みます。
    Javaタイトル

    <手順A>
    1. 〔同意して無料ダウンロードを開始〕をクリックします。

    2. 処理の確認画面で〔保存〕を選択します。

    3. 保存(ダウンロード)したファイルを実行するとインストールが開始されます。

    <手順B>
    1. 「すべてのJavaのダウンロードを表示します」をクリックします。
      すべてのJavaのダウンロード

    2. 「Windows オフライン」をクリックします。
      ※「Windows オフライン」が2つある場合、(64ビット)がつかない方をダウンロードしてください。
      オフライン

    3. 処理の確認画面で〔保存〕を選択します。

    4. 保存(ダウンロード)したファイルを実行するとインストールが開始されます。

b. 特定のバージョン(32ビット版)を入手する場合 (Windows版)

★セキュリティの観点から、Javaランタイムの最新バージョンの導入を推奨します★
→最新バージョンを入手する場合はこちらをご覧ください

  1. 以下のサイトを開きます。
    http://java.sun.com/products/archive/

  2. [Java SE 7]をクリックします。
    Java SE X

  3. 表タイトルが「Java SE Runtime Environment 7u 」から始まる箇所を探します。
    以降は、アップデートバージョン1.7.0_76 をダウンロードする場合の説明です。
    バージョン選択

  4. 「◎Accept License Agreement」にチェックを入れます。
    Accept License Agreement

  5. x86を選択してください。
    Online、Offlineに分かれている場合は環境に応じて選択してください。
    • 「Windows Online Installation xxxKB jre-7uXX-windows-xxxxx-iftw.exe」
      インターネットに接続したままインストールする場合

    • 「Windows Offline Installation xxxMB jre-7uXX-windows-xxxxx.exe」
      インストールに必要なファイルをダウンロードし、ダウンロードしたファイルを実行する場合。(こちらの場合はダウンロードが完了後はインターネット接続を切断することが可能です)
    ご利用のプラットホームに対応したものをクリック



  6. 特定バージョンを取得する場合、オラクルのアカウントが必要です。
    • 登録済みの場合
      「ユーザ名」と「パスワード」を入力して〔サインイン〕をクリックします。

    • 登録していない場合
      〔プロファイルの作成〕をクリックし、指示に従って登録後、1から操作を行ってください。
      詳細はOracle Corporation の説明を参照してください。
      サインイン


  7. 5で、「Online」を選択した場合はインストールが開始されます。

    「Online」でないものを選択した場合は、処理の確認画面が表示されます。
    〔保存〕を選択してダウンロードを行ってください。
    ダウンロードが完了したら、保存されたファイルを実行するとインストールが開始されます。

    詳細はOracle Corporation の説明を参照してください。

B. 必要なJavaランタイムのバージョン (Windows版)

インターネット出願ソフトを使用する場合、必要なJavaランタイムのバージョンはご利用になるプラットホームやインターネット出願ソフトのバージョンによって異なります。
OSが64ビット版の場合も、Javaランタイムは32ビット版が必要です。

  対応バージョン 確認済アップデートバージョン *1
Windows 7
Windows 8.1
Windows 10
Javaランタイム8
(32ビット)
Javaランタイム7
アップデートバージョン1.7.0_13
(32ビット)

※セキュリティの観点から、Javaランタイムは最新バージョンの導入を推奨します。
*1:インターネット出願ソフトが動作すること確認している最低アップデートバージョンです。

Mac版をご利用の場合は、Javaランタイムの入手方法 (Mac版)をご覧ください。

Java、Oracleは、Oracle Corporation 及びその関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。

PAGE TOPへ