1. HOME
  2. はじめての方へ
  3. 法人の方へ

はじめての方へ

法人の場合

法人の場合の、電子出願を行う流れを以下にご案内します。

  1. パソコンの準備
    「インターネット出願ソフトの動作確認済環境について」をご覧ください。
    ※合わせて、必須ソフトウェアの説明を参照し、必要なソフトをインストールしてください。


  2. 電子証明書を準備
    手続者が法人の場合は、法務省 電子認証登記所の発行する電子証明書のみ(以降、「法務省 電子証明書」と表記します)利用可能です。
    法務省 電子証明書の購入方法は、商業登記に基づく電子認証制度をご覧ください。

    詳細は、法務省電子認証登記所Webサイトをご覧ください。
    ※法務省 電子証明書については、以下にお問合せください。

    • <ICカード形式について>
      法務省 電子証明書はファイル形式のみですが、以下の認証局では、法務省電子証明書を取得し、ICカードへ格納するサービスを行っています。

         日本電子認証株式会社 法人認証カード格納サービス
      • 上記認証局は、ICカード格納サービス以外にも、電子証明書を発行していますが、法人の場合、特許庁への電子申請に利用できません。
        必ず法務省 電子証明書をご利用ください。
      • ICカード形式の場合は、ICカードリーダライタと、専用ソフトウェアが必要です。
      ※法人認証カード格納サービスについては、以下にお問合せください。
       日本電子認証株式会社 法人認証カード格納サービス


  3. 出願ソフトの入手
    「インターネット出願ソフト」を入手するために「ダウンロード請求」を行ってください。
    詳細は、STEP-3をご覧ください。


  4. インターネット出願ソフトのインストールと動作確認
    ダウンロードしたファイルを使い、「インターネット出願ソフト」をインストールします。
    詳細は、STEP-4をご覧ください。


  5. インターネット出願ソフトの起動
    デスクトップの「インターネット出願」のアイコンをダブルクリック→「証明書モード確認」画面が表示されます。
    使用する電子証明書を選択します。
     ◆ファイル形式を使用する場合
      ⇒〔証明書ストア〕
     ◆「法人認証カード格納サービス」のICカードを使用する場合
      ⇒〔ICカード〕

    ※「証明書モード確認」画面を表示させたくない場合は、以下の設定をしてください。
     (1)「本人認証」画面の→[環境設定]をクリック
     (2)開いた画面の『認証』タブをクリック
     (3)「証明書モード」で、「◎証明書ストア」か「◎ICカード」にチェックを入れ〔OK〕をクリック


  6. 申請人利用登録
    「識別番号」と「電子証明書」の組み合わせを特許庁に登録します。
    識別番号を持っているかどうか分からない方は、「識別番号について」をご覧ください。
    ※「法務省 電子証明書」は法人の識別番号でのみ利用可能です。

    ※はじめて登録する場合、同操作中に、手数料の納付方法について選択があります。
     事前に、「手数料の納付方法」にて確認してください。


  7. 申請書類の作成と、電子出願
    1. Wordや一太郎などで、書類を作成します。
      • 手数料が発生する書類の場合、手数料の納付方法毎に記載が異なります。
        納付方法は、「手数料の納付方法」をご覧ください。
      • 書類の書き方については、申請書類の書き方ガイドをご覧ください。
      • 書類はHTML形式で保存してください。
      ◆Wordの場合
      1. [ファイル](又はMicrosoft Officeボタン)→名前をつけて保存をクリックします。

      2. 保存画面で、ファイルの種類を「Webページ」か、「Webページ(フィルタ後)」に変更して保存します。
        詳細は、「Word を使った書類作成」や、「Wordでの書類作成(HTML形式)について」をご覧ください。

      ◆一太郎の場合
      1. [ファイル]→[他形式の保存/開く]→[HTML形式で保存]をクリックします。

      2. 保存画面で、保存形式を「HTML形式(特許)」に変更して保存します。
        詳細は、「一太郎 を使った書類作成」をご覧ください。

    2. 書類を特許庁用のフォーマットに変換します。

    3. 変換後の書類(送信ファイルフォルダ内の書類)を確認します。

    4. 提出できる状態になったら、特許庁に電子出願します。

    ※b、c、dの操作手順は、以下をご覧ください。


  8. その他の機能
    その他の機能を使う場合は、ユーザガイドか、操作マニュアルをご覧ください。

PAGE TOPへ