V1AHHB1350P-E
補正(訂正)の対象項目名又は対象項目名と補正(訂正)方法の組み合わせが正しくありません

対処方法
【補正対象項目名】に誤りがあります。
  【特許出願人】のようなグループ項目の場合、【補正対象項目名】は「氏名又は名称」ではなく「特許出願人」です。

─────────────────────────────
補正対象書類に記載できない項目を補正しようとしています。
 
─────────────────────────────
【補正方法】に書かれた方法が、その【補正対象項目名】には使えない方法です。
以下を参考に見直してください。

◆「明細書」の場合
   全文 → 変更のみ可能
   発明(考案)の名称 →変更/追加 が可能
   段落番号 → 変更/削除 が可能
   配列表 → 変更/追加/削除 が可能

◆「特許(実用新案登録請求)の範囲」の場合
   全文 → 変更のみ可能
   請求項単位 → 変更のみ可能

◆「要約書」の場合
   全文 → 変更/追加 が可能

◆特許願、実用新案登録願の「図面」の場合
   全図 → 変更/削除 が可能。 但し実用の場合削除は不可。
   図番単位 → 変更/追加/削除 が可能

◆意匠登録願の「図面」「写真」の場合
   全図 → 変更/追加/削除 が可能
   図番単位 → 変更/追加/削除 が可能

◆【指定商品又は指定役務並びに商品及び役務の区分】の場合
   → 変更/追加が可能

─────────────────────────────
【手続補正n】が複数ある場合、エラー対象の【手続補正n】より前に、このメッセージは表示されます。
メッセージより後の【手続補正n】の内容を確認してください。

例)
【手続補正1】
 【補正対象書類名】 明細書
 【補正対象項目名】 0001
 【補正方法】    変更
 【補正の内容】
 【0001】 ・・・
エラー ⇔ 補正(訂正)の対象項目名又は対象項目名と補正(訂正)方法の組み合わせが正しくありません  [V1AHHB1350P-E]
【手続補正2】
 【補正対象書類名】 図面
 【補正対象項目名】 全文  ←図面の場合は、「全図」でないとエラー
 【補正方法】    変更
 【補正の内容】
 【書類名】図面
  【図1】
 <イメージ>


書類の記載方法については、「申請書類の書き方ガイド」をご覧ください。


戻る