1. HOME
  2. お知らせ
  3. 重要なお知らせ
  4. 詳細

Information

重要なお知らせ

【重要】[i3.40]の変更点について

2018年5月

  • Windows
  • Mac

2018年9月末にリリース予定の出願ソフト[i3.40]では、以下のようなデータ形式などの変更が予定されています。
社内システム、特許管理ソフト、電子出願支援ソフトなどで、出願ソフトが作成するデータから情報抽出を行っている場合は、影響にご注意ください。

  • [i3.40]に、法改正に関わる内容は含まれません。
  • 現行の[i3.30]は、[i3.40]リリース以降もご利用いただけます。
    [i3.30]は、[i3.50]リリース時に利用不可になる予定です。[i3.50]のリリースは2018年12月以降に予定されています。

  1. 『請求』タブの送信ファイル、受理済ファイルの形式が変わります。
    これにより、以下の影響があります。
    • [i3.30]以前で作成した請求書類の送信ファイル、受理済ファイルは、[i3.40]以降の出願ソフトで表示・印刷・HTML変換できます。
      ただしオンライン請求はできませんので、[i3.40]で〔文書入力〕〔合成入力〕をしてから、オンライン請求してください。
      請求書類 表示・印刷
      HTML変換
      オンライン請求
      [i3.30]以前で作成 → [i3.40]で利用 ×
      [i3.40]以降で作成 → [i3.30]で利用 × ×
    • ファイルの形式が変わりますが、ファイル名や拡張子は変わりません。
      ファイル格納フォルダも変更されないため、新旧両方のファイルが混在で格納されます。

  2. 『出願』『請求』『国際出願』タブの一覧画面(リストビュー)の「結果」列が「書類状況」に変わり、表示方法が変更されます。
    • 一覧印刷/CSV出力も、変更後の形式で出力されます。[i3.30]以前の出願ソフトで作成した書類も、変更後の形式で出力されます。
    • 〔HTML変換〕後のファイル名の設定内容は、変更されません。
  3. リストビューに以下の列が追加されます。
    タブ名 列名 備考
    出願 アクセスコード 受領書で通知されたアクセスコードが表示されます。
    出願
    請求
    国際出願
    納付方法 書類に記載した納付方法と番号が表示されます。
    • 予納:予納台帳番号を表示
    • 口座:振替番号を表示
    • 電子:納付番号を表示
    • 現金:納付書番号を表示
    請求 受付番号 通知された受付番号が表示されます。
    請求 プルーフ比較 正常に通信が行われたかの検証結果が表示されます。
    • 一覧印刷/CSV出力にも、追加された列が出力されます。[i3.30]以前の出願ソフトで作成した書類も同様です。
    • 追加された列は、〔HTML変換〕後のファイル名には設定されません。
    <出願タブの例>

  4. 書類に記載した【提出日】がオンライン送信する日と異なっていた場合、通信時に警告画面が表示されますが、送信可能になります。特許庁に到達した日が提出日です。
    送信した書類に記載されている【提出日】欄の日付は、送信した日に変更されませんので、 書類表示時のヘッダと【提出日】欄で、異なった日付が表示されます。

    <通信時の警告画面>


  5. 請求でも、出願と同様に二重出願チェックを行うよう変更されます。
    これにより、開庁日で約1日の間に同じ内容の書類を送ると、2通目以降は「二重出願」なので受理されません。
    「二重出願」の書類は、書類状況に「二重」と表示され、受理済フォルダに格納されます。
    同じ請求書類を2通以上送る必要がある場合は、【書類名】の次に【整理番号】の欄を追加し、数字・英大文字・ハイフン10桁以内で任意の番号を付けてください。


一覧へ戻る

PAGE TOPへ