1. HOME
  2. お知らせ
  3. 重要なお知らせ
  4. 詳細

Information

重要なお知らせ

【重要】マイナンバー制度 マイナンバーカード(個人番号カード)について

平成28年11月

  • Windows

 2016年1月より、マイナンバー制度 マイナンバーカード(個人番号カード)の交付が開始されています。

 切替を検討されている方は、以下をご確認の上、特許庁への手続期限を考慮して、余裕をもって電子証明書をご準備ください。

1.出願ソフトの対応について
  • 現在、リリース済のインターネット出願ソフトは、マイナンバーカード(個人番号カード)に対応しています。
    住民基本台帳カードも、今まで通りお使いいただけます。
    詳細は、「住民基本台帳カード 公的個人認証サービスをご利用の方へ」をご覧ください。
    ※Mac版は、ICカードタイプの電子証明書は利用できません。
2.マイナンバーカード(個人番号カード)の取得可能時期を確認してください。
  • マイナンバーカード(個人番号カード)は、申請からカード交付まで時間がかかる場合があります。
    申請から交付までの所要期間は、市区町村によって異なります。
    事前に、市区町村の窓口にお問い合わせください。
3.マイナンバーカード(個人番号カード)発行申請時の注意点
  • 出願ソフトは、 「利用者証明用」 「署名用」 両方の電子証明書が必要です。
    どちらか1つだけではご利用いただけません。

  • 電子証明書は、発行申請書にて選択します。
    必ず、 「利用者証明用」 「署名用」 両方の電子証明書の発行を希望してください。

    個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書(例)
     ※市区町村により、表記が異なる場合があります。
     ※パソコンやスマートフォンで申請する場合、表記が異なる可能性があります。

    以下の例では、「○」を黒く塗りつぶさないで申請してください。
4.マイナンバーカード(個人番号カード)への切り替え作業について
  • 住民基本台帳カードからマイナンバーカード(個人番号カード)に切り替える場合、以下の作業が必要です。
  • 「地方公共団体情報システム機構(J-LIS)」に、マイナンバーカード(個人番号カード)を交付申請する。
    「利用者証明用」 「署名用」 の電子証明書を発行申請してください。

  • マイナンバーカード(個人番号カード)を、市区町村の窓口で受領する。
    電子証明書のパスワードが、2種類( 「利用者証明用」 「署名用」 )あります。
    忘れないようご注意ください。


  • マイナンバーカード(個人番号カード)対応のICカードリーダライタを準備する。
    ICカードリーダライタをお持ちの場合も、マイナンバーカード(個人番号カード)に対応しているか、公的個人認証サービスポータルサイトの「ICカードリーダライタのご用意」でご確認ください。
    ICカードリーダライタを購入する必要がある場合は、早めに準備してください。
    (出願ソフトは、起動中、何度もICカードを読み取ります。非接触型の場合、読み取りが安定しないケースがあります。接触型と迷う場合は、接触型を選択いただくとトラブル予防になります。)

  • ver 3.0 以降「公的個人認証サービス 利用者クライアントソフト」をインストールし、 「自分の証明書」が表示できるか確認する。

  • インターネット出願ソフトの最新バージョンをインストールする。

  • 特許庁へ電子証明書を登録する
       ・識別番号を持っている場合
       ・識別番号を持っていない場合

一覧へ戻る

PAGE TOPへ