1. HOME
  2. お知らせ
  3. 重要なお知らせ
  4. 詳細

Information

重要なお知らせ

【重 要】住民基本台帳カード 公的個人認証サービスをご利用の方へ

平成27年12月

  • Windows

 現在ご利用中の住民基本台帳カードは、2016年1月以降もそのまま利用できます。

 個人番号カードの交付が開始されても、住民基本台帳カードの電子証明書は、有効期間の満了日まで電子出願に利用できますので、切り替えは不要です。

1.ご利用中の電子証明書「有効期間の満了日」を確認してください。
2.特許庁への手続期限を考慮して、余裕をもって電子証明書をご準備ください。
  • 2016年3月までに「有効期間の満了日」を迎える場合
    住民基本台帳カードの電子証明書を早めに更新することをお勧めします。
    • 電子証明書の更新は、「有効期間の満了日」3か月前から可能です。

    • 取得/更新の受付終了時期は、市区町村窓口に確認してください。
      『住民基本台帳カード』の取得/更新と、中の『電子証明書』の取得/更新別に申請します。両方取得/更新する必要のある方は、区別してご確認ください。
      窓口によっては、2015年12月の早い時期に受付を終了するところもあるようです。 新規取得/更新は、早めの対処をお願いします。

    • 有効期間内でも、個人番号カードを取得すると、住民基本台帳カードは失効し回収されます。


2016年1月から、マイナンバー制度 個人番号カード交付が開始されます。 切替をご検討の方は、「マイナンバー制度 個人番号カードについて」をご覧ください。

  • 個人番号カードは、申請からカード交付まで時間がかかる事が予想されます。
  • 事前に、申請から交付までにかかる所要期間などを、交付窓口にお問い合わせください。

■住民基本台帳カード、個人番号カード 今後のスケジュール



■電子証明書の「有効期間の満了日」確認方法

  1. ICカードリーダに、ICカードをセットします。
  2. Windowsの[スタート]→[すべてのプログラム](または[アプリ])
    →[公的個人認証サービス]→[JPKI利用者ソフト]をクリックします。
  3. JPKI利用者ソフトの〔自分の証明書〕をクリックします。
  4. 公的個人認証サービスのパスワードを入力して〔OK〕をクリックします。
  5. 表示される画面にて「有効期間の満了日」を確認してください。

一覧へ戻る

PAGE TOPへ