1. HOME
  2. お知らせ
  3. 重要なお知らせ
  4. 詳細

Information

重要なお知らせ

【重 要】住民基本台帳カード 公的個人認証サービスをご利用の方へ

平成28年11月

  • Windows

 住民基本台帳カードは、2016年1月以降発行・更新の受付が終了しています。
 現在ご利用中の住民基本台帳カードの電子証明書は、失効するまで利用できます。

 電子証明書は以下の場合に失効します。
 ・有効期間が満了した場合。
 ・有効期間内であっても、住所や氏名などの登録情報を変更した場合。
 ・マイナンバーカード(個人番号カード)が発行された場合

有効期間が残り少なかったり住所や氏名などの登録情報を変更する予定のある方は、早めにマイナンバーカード(個人番号カード)へ切替をご検討ください。
マイナンバーカード(個人番号カード)に切替えた後であれば、住所や氏名などの登録情報の変更後、すぐに電子証明書を再発行していただけるようです。

1.ご利用中の電子証明書の「有効性」をご確認ください。
  • ※電子証明書の有効期間は、住民基本台帳カード表面の有効期間ではありません。
     有効性は、JPKI利用者ソフトで確認できます。
    →「有効性」確認方法を見る

2.特許庁への手続期限を考慮して、余裕をもって電子証明書をご準備ください。
  • 住民基本台帳カードの発行は終了しています。マイナンバーカード(個人番号カード)を申請してください。
    • マイナンバーカード(個人番号カード)の申請から交付までにかかる所要期間は、市区町村窓口にご確認ください。
    • 住民基本台帳カードの電子証明書の有効期間内にマイナンバーカード(個人番号カード)を申請すると、マイナンバーカード(個人番号カード)の申請時点では失効しませんが、マイナンバーカード(個人番号カード)が発行された時点で住民基本台帳カードは失効し回収されます。


■電子証明書の「有効性」確認方法

  1. ICカードリーダに、ICカードをセットします。

  2. Windowsの[スタート]→[すべてのプログラム](または[アプリ])
    →[公的個人認証サービス]→[JPKI利用者ソフト]をクリックします。

  3. JPKI利用者ソフトの〔自分の証明書〕をクリックします。
  4. 公的個人認証サービスのパスワードを入力して〔OK〕をクリックします。

  5. 表示される画面にて「有効期間の満了日」が、有効期間です。
    引き続き〔有効性確認〕をクリックします。
  6. 公的個人認証サービスのパスワードを入力して〔OK〕をクリックします。

  7. 有効性確認結果が表示されます。
    有効性確認結果:「有効」であれば、利用できます。

一覧へ戻る

PAGE TOPへ