1. HOME
  2. インターネット出願ソフト
  3. よくあるQ&A
  4. 書類作成・文書入力
  5. 詳細
  6. Wordでの書類作成について

インターネット出願ソフト

書類作成・文書入力

Wordでの書類作成(HTML形式)について

Microsoft Word を使用して申請書類を作成する場合、以下の注意事項を参照してください。


Wordのバージョン毎に操作が異なる場合は、各記事の中にバージョン毎の操作方法を説明しています。

<注意>
「記号と特殊文字」や、以下に類する機能は使用しないでください。

  • 記号と特殊文字
  • MS明朝と違う字形で表示されるフォント(例:Symbol)


インターネット出願ソフトで変換した後の送信ファイルでは、以下のように別の文字に見える場合があります。


<参考>
Word を使った書類作成[PDF]

■必ずお読みください

  1. A.図面、表、写真などのイメージ挿入
  2. B.PDF、配列表のハイパーリンク
  3. C.HTML形式の保存

■場合によっては必要です

  1. D.改行されない、又は、不要な改行が入る場合
  2. E.Wordで削除したはずの文字が、送信ファイルに残っている場合
  3. F.字下げや箇条書きが反映されない場合
  4. G.HTMLタグや文字に関するエラーが出る場合

    例)
    • 「対応するタグ開始記号がありません。修正してください。V1AHB04503P-E
    • 「書類中に1つも項目名が記載されていません。書類の最初の文字が【書類名】になるようにしてください。V1AHB06020P-E」
    • 「シフトJISコードでない文字が×××以上あります。ファイルの内容を確認して下さい。V1AHB04505P-E」
    • 「[??]は通常の文字とみなされます。スペシャルキャラクターの場合は、サポート対象外ですので対応する文字に置き換えてください。V1AHB04605P-W」が大量にでる



※Wordの各バージョンのサポート状況は、Microsoft社のホームページでご確認ください。 サポートが終了しているWordは、Microsoft社から更新プログラムが提供されません。 セキュリティの観点から、早めに新しいWordに移行してください。

※ Word2013, Word2010, Word2007, Word2003, Word2002, Word2000, Word98, Word97, Word95は、米国MicrosoftCorporationの米国およびその他の国における登録商標です。

PAGE TOPへ