1. HOME
  2. インターネット出願ソフト
  3. よくあるQ&A
  4. 証明書管理
  5. 詳細

インターネット出願ソフト

証明書管理

証明書のCommonNameの確認方法

一旦、証明書をWindowsへインポートしてInternetExplorerよりCommonNameを確認します。確認後は、インターネット出願ソフト以外で使用する予定がなければInternetExplorerより証明書を削除してください。

Windowsへインポート
  1. 認証局より受け取った電子証明書格納ファイル(*.p12)をダブルクリックします。
    電子証明書格納ファイルが分からない場合は「電子証明書インポートで入力する証明書とパスワードは何処を見れば分かりますか?」をご覧ください。
    「セコムパスポート for G-ID」の場合は、認証局より受け取ったFDに格納されているファイル「CERT.p12」です。

  2. 「証明書のインポートウィザード」が起動されますので、〔次へ〕を2回クリックしてください。
    インポートウィザード

  3. 証明書格納ファイルにアクセスするためのパスワードを入力して、〔次へ〕を2回クリックします。
    パスワードは、認証局より呼び方が異なります。分からない場合は「電子証明書インポートで入力する証明書とパスワードは何処を見れば分かりますか?」をご覧ください。
    「セコムパスポート for G-ID」の場合は、認証局より受け取ったFDに格納されているファイル「PINCODE」に記載されています。
    証明書格納ファイル

  4. 〔完了〕をクリックします。

  5. 「正しくインポートされました」がでたら〔OK〕をクリックします。

  6. デスクトップ左下のスタートボタン  →〔Windowsシステムツール〕→〔コントロールパネル〕をクリックします。

  7. 〔ネットワークとインターネット〕→〔インターネットオプション〕をクリックします。

  8. 『コンテンツ』タブより〔証明書〕をクリックします。
    コンテンツ
  9. 『個人』タブの「発行先」欄でCommonNameを確認できます。 証明書
インポートした証明書を削除

※インターネット出願ソフト以外でこの証明書を使用する場合は、使用するソフトのマニュアル等に従ってください。

  1. CommonNameを確認し、該当の証明書を選択した状態で〔削除〕をクリックします。

  2. 以下のメッセージが表示された場合は、〔はい〕をクリックします。 証明書

PAGE TOPへ