1. HOME
  2. インターネット出願ソフト
  3. よくあるQ&A
  4. 起動

インターネット出願ソフト

起動

  1. 「V1CRZ0005S 復帰パラメータの内容が正しくありません。」が表示され起動できません。
    • Windows
    • Mac
  2. インターネット出願ソフトが起動できません。または、環境設定の接続テストが起動できません。
    • Windows
    • Mac
  3. 「正しいpinを入力して下さい。」が表示され起動できません。
    • Windows
    • Mac
  4. 「入出力異常が発生しました[14]関数名[V5ECATCommon.readDiscernmentNoXml]」が表示され起動できません。
    • Windows
  5. 「出願、国際出願ルートフォルダが正しく設定されていません(フォルダ名:「」)。環境設定を行ってください。」が表示され起動できません。
    • Windows
    • Mac

1. 「V1CRZ0005S 復帰パラメータの内容が正しくありません。」が表示され起動できません。

  • Windows
  • Mac
<現象>
インターネット出願ソフトを起動すると以下のメッセージが表示されます。

V1CRZ0005S 復帰パラメータの内容が正しくありません。
関数名[V5CRI020_CheckJavaReturn]
エラーNo[-1]
ファイル名[XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX]

<原因>
以下のいずれかが考えられます。

  1. インターネット出願ソフトからの通信がパーソナルファイアウォールソフトによって遮断されている場合

  2. Javaランタイム(Java実行環境≪JRE≫)が標準と違う動作をしている場合

<回答>
インターネット出願ソフトの最新バージョンをインストールしてください。

改善しない場合は1を、[i3.30]以前をオフラインでご利用の場合は1、2を実施してください。

  1. インターネット出願ソフトからの通信がパーソナルファイアウォールソフトによって遮断されている場合
    お使いになられているパーソナルファイアウォールソフトに「通信を許可してよいプログラム」としてインターネット出願ソフトが登録されているか確認してください。
    パーソナルファイアウォールソフトの設定要否や設定方法は「パーソナルファイアウォールソフトについて」をご覧ください。

    ※掲載のないソフトについては、発行元メーカーに設定方法を確認してください。
    ※既に「通信を許可してよいプログラム」として登録されている場合も、インターネット出願ソフトの再インストールやバージョンアップ、パーソナルファイアウォールソフトのインストールやバージョンアップ等を行った場合は再登録が必要な場合があります。現在登録されているインターネット出願ソフトのプログラムを登録解除してから再登録を行ってください。


  2. Javaランタイム(Java実行環境≪JRE≫)が標準と違う動作をしている場合
    現在インストールされているJavaランタイム(Java実行環境≪JRE≫)をインストールしなおすか、最新のJavaランタイム(Java実行環境≪JRE≫)をインストールしてください。
    法務省オンライン申請システムをインストールしているパソコンの場合は、4.「入出力異常が発生しました[14]関数名[V5ECATCommon.readDiscernmentNoXml]」が表示され起動できません。もご覧ください。

PAGE TOPへ

2. インターネット出願ソフトが起動できません。または、環境設定の接続テストが起動できません。

  • Windows
  • Mac
Windowsの場合

<現象>
インターネット出願ソフトを起動しても、画面が表示されない。
環境設定の〔接続テスト〕をクリックしても、接続中の画面が表示されない。


<回答>
インターネット出願ソフトの最新バージョンをインストールしてください。

[i3.30]以前をオフラインでご利用の場合、Javaランタイムの動作が不安定になっています。
Javaランタイムの自動更新に失敗している場合などに発生します。
以下をお試しください。

  1. 「プログラムのアンインストール」より、以下を削除します。
    「Java 8 Update XX」(XXは一番大きい数字)
    ※Java 7の場合は「Java 7 update XX」(XXは一番大きい数字)
  2. Javaランタイムをインストールします。
    Javaランタイムは、Oracle Corporation社のホームページからダウンロードできます。
    ※セキュリティの観点から、Javaランタイム8の最新バージョンの導入を推奨します。
    以下ボタンをクリックし、入手手順に沿ってインストールしてください。
Macの場合
<現象>
  • インターネット出願ソフト起動時に以下エラーとなる。

    V1CRZ0005S 復帰パラメータの内容が正しくありません。
    関数名[V5CRI020_CheckJavaReturn]
    エラーNo[-1]
    ファイル名[/var/run/jpo-pas/JPOI1/TAKE/TMP/~/JPOxxxx.PRM]

  • 環境設定の接続テストを起動しても、何も応答がない。

<回答>
インターネット出願ソフトの最新バージョンをインストールしてください。

[i3.30]以前をオフラインでご利用の場合、必要なJavaランタイムのバージョン (Mac版)をインストールしてください。
インストール後、環境設定の[一般]タブ「Javaランタイムバージョン」に、必要なJavaランタイムのバージョン (Mac版)が表示されていることを確認してください。

PAGE TOPへ

3.「正しいpinを入力して下さい。」が表示され起動できません。

  • Windows
  • Mac

<原因>
以下のいずれかが考えられます。

  1. Pinの入力誤り
  2. ダイヤルアップ環境のみのパソコンで「PC限定タイプ」の証明書ストアを作成した場合
  3. 証明書ストアの内容が変わっているか、壊れている場合

<回答>
それぞれ、以下のように対応してください。

  1. Pinが正しいか確認し、再入力してください。
  2. ダイヤルアップ環境のみのパソコンでご利用になられる場合は、「識別番号リストメンテナンス」の『削除』タブで該当の識別番号を削除し、再度、同じ識別番号で「PC任意タイプ」の申請人利用登録を行ってください。
    この時、証明書ストアの場所は、前回と別の場所を指定してください。
  3. 「識別番号リストメンテナンス」の『削除』タブで該当の識別番号を削除し、再度、同じ識別番号で申請人利用登録を行い、証明書ストアを再作成します。
    この時、証明書ストアの場所は、前回と別の場所を指定してください。

PAGE TOPへ

4. 「入出力異常が発生しました[14]関数名[V5ECATCommon.readDiscernmentNoXml]」が表示され起動できません。

  • Windows
<現象>
インターネット出願ソフトを起動すると以下のメッセージが表示されます。(Guestのみでご利用の場合は発生しません。)

V5ECA0010S
入出力異常が発生しました[14]
関数名[V5ECATCommon.readDiscernmentNoXml]
エラーNo[3]
ファイル名[C:¥Program Files¥JPOI1¥TAKE¥WORK¥OTHERS¥~¥num-list.XML]
情報[Invalid encoding name "MS932".]

<原因>
Javaランタイム(Java実行環境≪JRE≫)が標準と違う動作をしていることが原因と考えられます。


<回答>
インターネット出願ソフトの最新バージョンをインストールしてください。

[i3.30]以前をオフラインでご利用の場合は、以下をお試しください。
Javaランタイムを利用するソフトが他にない場合は、以下の手順でJavaの再インストールを行ってください。

[方法]

  1. メッセージ画面を終了します。
  2. 「プログラムの追加と削除」より、「Java 8 update xx」(xxは一番大きい数字)を削除します。
  3. エクスプローラで以下の場所を開き、「jre1.8.0.XX」フォルダを削除します。
     ・32ビット版 Windows の場合 → C:\Program Files\Java\
     ・64ビット版 Windows の場合 → C:\Program Files (x86)\Java\
  4. 「Javaランタイムの入手方法」に従って、Javaを再インストールします。


※他にJavaランタイムを使うソフトをインストールしていて、同現象が発生する場合は、サポートセンターまでお問い合わせください。

※法務省オンライン申請システム(平成21年7月12日以前更新版)をインストールしている場合にも、本現象が発生します。
法務省オンライン申請システムは、平成24年1月31日に廃止されましたので、アンインストールしてください。この時、Javaランタイムの削除確認がでる場合は、一緒に削除してから、Javaランタイムをインストールしてください。

PAGE TOPへ

5. 「出願、国際出願ルートフォルダが正しく設定されていません(フォルダ名:「」)。環境設定を行ってください。」が表示され起動できません。

  • Windows
  • Mac
<現象>
インターネット出願ソフトを起動すると以下のメッセージが表示されます。

インターネット出願

V1AMA0000S
出願、国際出願ルートフォルダが正しく設定されていません(フォルダ名:「」)。環境設定を行ってください。

〔OK〕

<原因>
インターネット出願ソフトを新規インストール、上書きインストールした場合、インストール最後に環境設定を自動起動する場合があります。
このとき、〔キャンセル〕を選択した場合、必要な設定が行われないために、起動ができなくなります。


<回答>
以下の方法で環境設定を行ってください。
(Windowsの場合の操作例です。Mac版の場合は、操作マニュアルを参照してください。)

Windows7、Windows10の場合
  1. [スタート]→〔すべてのプログラム〕または〔すべてのアプリ〕→[インターネット出願ソフト]→〔環境設定〕をクリックします。
     
  2. 起動した「環境設定」画面で、〔OK〕ボタンをクリックします。
Windows8.1の場合
  1. デスクトップ左下のスタートボタン  をクリックします。
  2. スタート画面左下に表示される  をクリックします。
     
  3. アプリ画面右上の検索画面に「環境設定」を入力します。
     
  4. 検索された[環境設定]をクリックします。
    ※環境設定が複数ある場合は、以下と同じアイコンを選択してください。
     
  5. 起動した「環境設定」画面で、〔OK〕ボタンをクリックします。

PAGE TOPへ